MENU

TOTO TMHG40WS 壁付サーモシャワー水栓(クリックシャワー)水漏れ修理方法

目次

TOTO TMHG40WS 壁付サーモシャワー水栓(クリックシャワー)水漏れ修理方法

TOTO 壁付サーモ・シャワー水栓(クリック) TMHG40WS(2006-2009年)

※吐水パイプ長さ 70mm

TOTO TMHG40WS 壁付サーモシャワー水栓(クリックシャワー)水漏れ修理方法
TOTO TMHG40WS 壁付サーモシャワー水栓(クリックシャワー)水漏れ修理方法

類似品  TMHG40W も対象

TOTO 壁付サーモ・シャワー水栓(クリック)TMHG40W (2005-2009年)

<相違点> 吐水パイプ長さ 170mm

症状:シャワーエルボ、調圧弁あたりから水漏れ

本体の後方のシャワーエルボの接続あたりから水漏れがしています。また、その後に続く「調圧弁」からも水漏れがしている状態です。

調圧弁とは・・・

シャワーヘッドに付いているボタンにて、シャワーの水を一時的に止める事が出来る「クリックシャワー(TOTO)」「スイッチシャワー(LIXIL)」などに、仕様されている部品です。

シャワーの先端で止水する事によってホースにかかる水圧を調整する弁になります。

この調圧弁を付けずに使用していると、シャワーホースの破裂・水漏れなどが起こってしまいます。

取替用部品 : シャワーエルボ、調圧弁

シャワーエルボからの水漏れの場合

TOTO シャワーエルボ THY730

調圧弁からの水漏れの場合

TOTO 調圧弁  THJ6R

その他の修理部品はこちら(開閉バルブ部、温度調節ユニットなど)

シャワーエルボ、調圧弁 取替え手順

①シャワーホースの接続ナットの取り外し

まずは、シャワーホースの接続ナットを工具を使用して取り外します。

場合によっては調圧弁も一緒に外れてしまう事もありますが、その場合は③に進みましょう。

②調圧弁の取り外し

続いて調圧弁を工具を使用して取り外します。

シャワーエルボの取り外し

シャワーエルボは真横に向けて、後方に引っ張ると抜き取る事が出来ます。

④新しいシャワーエルボ・調圧弁の取付

新しいシャワーエルボ調圧弁を、取り外しと逆の手順で取り付けて行きます。

調圧弁の前後のパッキンは必ず交換しましょう。

⑤完了

その他、修理部品 温度調節ユニット、開閉バルブ部、スペーサー、取替用シャワー

温度調節が効かなくなってしまった場合

※給湯設備の不具合が原因の場合を除く。

お風呂の水栓(蛇口)からお湯が出ない、ぬるい  原因特定の仕方と改善策

TOTO 温度調節ユニット TH576-4S

温度調節ユニットの交換手順は、こちらの記事をご参照ください。(型番は違いますが、要領は同じです。)

TOTO TMJ40C3(TMJ40RV1B)浴室サーモ・シャワー水栓 温度調節(サーモスタット)不具合修理方法 (温度調節ユニット交換)

切替ハンドルで水が止まらない、シャワー・カランの切替が上手く出来ない場合

TOTO 開閉バルブ部  TH577

開閉バルブ部の交換手順はこちらをご参照ください。

TOTO TMHG40-1RB ユニットバス(バスピア) 洗い場カウンター用 サーモシャワー水栓 水漏れ修理方法(開閉ユニット交換手順)

切替ハンドルの「カチッ」という切替え音・感覚が無い場合

TOTO スペーサー部 THA1-6

シャワーホース・ヘッドの交換の場合

TOTO 取替え用シャワー エアインクリックシャワー THYC49H

※既存のシャワーヘッドは廃盤です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次