MENU

 温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)の交換時期・取替え製品について(DIY、自分で取替え)

目次

 温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)の交換時期・取替え製品について(DIY、自分で取替え)

温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)の取替え時期 

温水洗浄便座の取替えのタイミングとしては、以下のような場合があります。

  • 故障・水漏れが発生したが、修理部品がなく修理が出来ない。
  • 故障・水漏れが発生したが、修理が高額になる。
  • 既存の機能では不十分で、必要な機能を付けたい為。
  • 汚れ、変色が目立つので、新しくキレイにしたい。

まず、大前提として温水洗浄便座は、電気製品となる為、エアコン・冷蔵庫・テレビなどと同じように、20年・30年と使い続けられるものではありません。

故障・水漏れなどは10年前後で発生する事が多くなるので、修理をするか、買換えるか判断に迷う場合があります。

温水洗浄便座は、電気製品に水が通っている構造なので、本体内部での水漏れは、漏電や発火の危険性があり、製造メーカーも10年を目安に買換えを推奨しています。

その為、修理部品も製品廃盤から、10年程で生産終了となり、修理不可能となる事も多いです。

温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ) 3種類のタイプ

温水洗浄便座(ウォシュレット)といっても、大きく3つのタイプがあります。

※呼び名は正式なものではありません。

1.組み合わせ式トイレ取付型

便器 + タンク + 便座(温水洗浄便座・暖房便座・普通便座)

 温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)の交換時期・取替え製品について(DIY、自分で取替え)

温水洗浄便座の取替えと言って、一番に思い浮かぶのが、このタイプだと思います。

トイレが、便器・ロータンク・便座の3点に分かれており、便座部分のみの取替えが可能です

家電量販店・ホームセンターなどで目にする商品もこのタイプになり、一般的なDIYで取替えが出来るのは、「組み合わせ式トイレ」の便座部分です。

取付け条件を満たせば、既存の便器のメーカーと異なるメーカーの温水洗浄便座でも取替えが可能です。

2.ウォシュレット(温水洗浄便座)一体型タンク式

便器 + タンク・温水洗浄便座一体型

トイレが、便器 と 温水洗浄便座一体型タンク の2点での組み合わせになります。

便座部分とタンク部分が一体になっている為、便座部分のみの取替えはできません。

取替えの場合は、「温水洗浄便座一体型タンク部」を交換します。但し、取替用の製品はかなり限定されており、タンクも一体になっている為、通常の温水洗浄便座よりも高額になります。他メーカーの製品には取替え出来ません。

DIYでの取替えに関しては、「適切な取替え品」を用意する事さえ出来れば、工事自体は可能かもしれません。

下記は、1例です。対応する便器品番でないと、取替は出来ません。

3. タンクレストイレ機能部型

便器 + 機能部(温水洗浄便座含む)

タンクレストイレと呼ばれるものです。

こちらも、便器 と 機能部 と呼ばれる2点での組み合わせになります。

取替えの場合は、「機能部」を交換します。こちらも取替え用の製品はかなり限定されています。他メーカーの製品には取替え出来ません。

タンクレスの為、タンクはありませんが、高機能の製品が多い為、通常の温水洗浄便座より高額になります。

DIYでの取替えは、高額で、デリケートな製品の為、お勧めは出来ません。

自分で(DIY)温水洗浄便座の交換・交換用製品について

通常の「組み合わせトイレ取付型」の温水洗浄便座でしたら、自分で取替えをする方も多く、可能だと思います。

取替え用の製品も、幅広く選ぶ事が出来るため、メーカー違い、機能のグレードアップ・ダウンも可能です。

製品自体も、家電量販店、ホームセンター、インターネット通販などで購入する事が出来ます。

但し、機能によって取付が出来る便器が限られている場合があるので、選定には充分注意が必要です。

例: 便器洗浄(リモコン・オート)機能は、既存の便器の型番によっては取付けられない。

あわせて読みたい
TOTO ウォシュレット アプリコットN1 TCF4110(修理部品生産中止) 水漏れ ウォシュレット本体の交換方法 【TOTO ウォシュレット アプリコットN1 TCF4110(修理部品生産中止) 水漏れ ウォシュレット本体の交換方法】 TOTO  ウォシュレット アプリコットN1 TCF4110(製造年 2003-2007年...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次