MENU

タカギ JM155 壁付シングルレバー水栓 水漏れ → 水栓本体交換 LIXIL  SF-WM436SY へ

目次

タカギ JM155 壁付シングルレバー水栓 水漏れ → 水栓本体交換 LIXIL  SF-WM436SY へ

タカギ 壁付シングルレバー水栓  JM155

タカギ JM155 壁付シングルレバー水栓 水漏れ → 水栓本体交換 LIXIL  SF-WM436SY へ
タカギ 壁付シングルレバー水栓 JM155

症状:水が止まらない、レバーが重い

・レバーの動きが重い

・レバーを下げても水がしっかり止まらない

原因:バルブカートリッジの劣化

「レバーの動きが重い」「レバーを下げても水がしっかり止まらない」の原因は、水栓内部のバルブカートリッジの劣化が原因となります。

<故障の前兆>シングルレバー水栓の動きが固い・重い、水がポタポタ止まらない その原因と改善方法

今回は、水栓本体の交換を行いましたが、部品交換による修理を行う場合は、下記の部品を交換します。

<修理の場合> 取替用部品

タカギ  カートリッジ JM99001

取替え用水栓(他社・同等品)LIXIL SF-WM436SY

LIXIL 壁付シングルレバー水栓  SF-WM436SY

既存の水栓と同様に、吐水パイプが上に上がっている形状の水栓を選びました。

通常の水栓よりも、8cm程、吐水位置が高くなります。

シンクから吐水口までの空間が狭い場合や、吐水口の先端に、切替シャワーや、簡易浄水器などを取付けたい場合にお勧めの水栓です。

取替え手順

壁付混合水栓の交換方法は、リンク先をご参照ください。

あわせて読みたい
壁付混合水栓 取替え方法(自分で・水廻りDIY) シールテープ巻き方・巻き数等 【壁付混合水栓 取替え方法(自分で・水廻りDIY) シールテープ巻き方・巻き数等】 壁付混合水栓とは まず、「混合水栓」というものは、水と湯を混合して出せる水栓の...

作業完了

LIXIL 壁付シングルレバー水栓  SF-WM436SY 取替え完了

注意:こちらの水栓の吐水の泡沫口は、めねじ形状になっています。

先端に切替シャワーや、浄水器のコックなどを取付けたい場合、おねじ形状に変換しなくてはならないケースがあります。

ネジ変換には下記の部材を使用してください。

  M24×1.0内ネジ を W22山20ネジ に変換

カクダイ 変換アダプター 791-416

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次