MENU

パナソニック(松下電工) 洗面台洗髪シャワー水栓 CQ735B シャワーホースからの水漏れ修理方法

目次

パナソニック(松下電工) 洗面台洗髪シャワー水栓 CQ753B シャワーホースからの水漏れ修理方法

既存の水栓

パナソニック 洗面台洗髪シャワー水栓 CQ753B 

※洗面化粧台の品番 GQD75FS8

パナソニック(松下電工) 洗面台洗髪シャワー水栓 CQ735B シャワーホースからの水漏れ修理方法
パナソニック(松下電工)洗面洗髪シャワー水栓 CQ735B

症状

・シャワーホースから水漏れがする。

・洗面台の収納内に水が漏れている。

・洗面台の収納内の水受け容器に水が溜まっている。

洗面台水栓 シャワーホースから水漏れ

原因

今回の様な水漏れは、水の通り道であるシャワーホースの劣化による水漏れで、この様なハンドシャワータイプの水栓では、代表的な水漏れの症状の一つです。

ステンレス蛇腹ホースの内部に、ゴムホースが通っており、経年劣化により硬化し亀裂が入るのが原因です。

ステンレス蛇腹ホースを切断 その内部

通常、使い始めから7年くらいで症状が出る事があります。

応急処置は出来ないので、シャワーホース部の交換が必要です。

あわせて読みたい
キッチン・洗面台のシャワーホースからの水漏れ 原因と修理方法。応急処置は? 【キッチン・洗面台のシャワーホースからの水漏れ 原因と修理方法。応急処置は?】 【引き出し式シャワー(ハンドシャワー)水栓のメリット・デメリット】 メリット:...

使用部材

パナソニック  シャワーホース部 CQ853B03K1

接続カプラー CQ213011ZZ

 ※古い接続カプラーを再利用すると、水漏れする恐れがありますので、一緒に交換をお勧めします。

パナソニック(松下電工) 洗面台洗髪シャワー水栓 CQ735B シャワーホースからの水漏れ修理方法

必要工具

・モンキーレンチ

・ウォーターポンププライヤー

作業手順

①水栓本体とシャワーホースの接続部の取り外し。

カプラー式になっていますので、青い部分を下げながら引っ張ると接続部が外れます

残り水が多少でます。

続けてシャワーホースから接続カプラーを取り外します。

ねじ込み式になっています。シャワーホース側をプライヤーなどで固定し、カプラー部を回すと取り外せます。

②シャワーヘッドの取り外し。

シャワーヘッドはネジ込み式になっています。

土台にセットした状態で、反時計周りに回すと取り外せます。

※シャワーヘッドは再利用します。

➂シャワーホースを水栓本体から抜き取る。

シャワーホースを本体から引き抜きます。途中で引っ掛かる事がありますが、戻したり・引っ張ったりで抜き取る事ができると思います。

④新しいシャワーホースの取付。

新しいシャワーホースを逆の手順で取付けます。

シャワーヘッドの取付。

⑤新しい接続カプラーの取付。本体への接続

シャワーホースと接続カプラーの径が異なりますので、中間にシャワーホースに付属のブッシングを使用して接続します。

水栓本体へ接続します。 接続の時は、差し込むだけです。カチッと音がするまで差し込みます。

⑥作業完了

作業難易度 (5段階)

作業難易度は、 「2」 です。

古いシャワーホースの抜き取りが上手くいかない事がありますが、落ち着いて作業をしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次