MENU

INAX (G)DT-V180HU(V150HU) 手洗付タンク 修理方法 水が流せない →レバーハンドル交換手順 ※その他修理部品の記載有り

目次

INAX (G)DT-V180HU(V150HU) 手洗付タンク 修理方法 水が流せない →レバーハンドル交換手順 ※その他修理部品の記載有り

INAX(LIXIL) 手洗い付ロータンク DT-V180HU(2007-2011年)

        ※手洗い無しタンク  DT-V150HU

        ※頭文字にGが付くものは、防汚コーティング品

INAX(LIXIL) DT-V180HU(V150HU) 手洗付タンク 修理方法 水が流せない →レバーハンドル交換手順※その他修理部品の記載有り

症状:レバーを操作しても、水が流れない

・ロータンクのレバーを操作しても、トイレの水が流せない。

原因:レバーハンドル部の故障

ロータンクのレバーハンドルが、外側だけが空回りしている状態です。

ハンドル内部が破損している為、交換が必要になります。

取替用部品 LIXIL マルチ洗浄ハンドル TF-10A ※他製品にも対応

メーカー純正代替品

LIXIL マルチ洗浄ハンドル TF-10A

補足:その他 修理部品(ボールタップ・フロートゴム)

手洗い有りの場合(DT-V180HU)

LIXIL ボールタップ TF-V180BU-20

手洗い無しの場合(DT-V150HU)

LIXIL ボールタップ TF-V150BU-20

LIXIL フロートゴム TF-10R-L

レバーハンドル取替え手順

①止水栓を閉め、水を止める。

②タンクのフタ(陶器)、内部タンクのカバーを取り外す。

陶器製のフタを取り外すと、内部のタンクにカバーがかかっています。4箇所ツメで止まっているので、取り外します。

➂古いレバーハンドルの取り外し

レバーの内側先端に、フロートゴムからの鎖がつながっていますので、いったん取り外します。

続いて、レバーハンドルの固定ナットを緩めて、取り外します。

ここから、新しいレバーハンドルの取付(TF-10A)

④施工説明書の確認

施工説明書のフローチャートを見て、既存のタンクに当てはまる条件を確認します。

こちらのマルチ洗浄ハンドル(TF-10A)は、名の通り、複数のタンク品番(他社製を含む)に対応できます。しかしその分、複数の部品があり、タンクの形状に合わせて組み替えなければなりません。

使用しない部品が多数残ります。

⑤レバーハンドルを組みながら取付

施工説明書の通りにレバーハンドルを組みながら、タンクに取り付けていきます。

先に組み立ててしまうと取付出来ません。(外れなくなります。)

⑥フロートゴムの鎖を取付ける。

長さに問題が無ければ、鎖のフックをレバーにかけるだけで良いです。

⑦タンク蓋の取付

手洗い管を確実に、タンクの手洗い金具に接続してください。

⑧止水栓を開けて、動作確認

止水栓を開けて、動作確認をしましょう。

作業完了

簡単そうに見えますが、意外にややこしい部分があります。

一度組んでしまうと、取り外せない部分もあります。

施工説明書をしっかりと読んで、落ち次いて作業をするようにしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次