MENU

INAX BF-4646TC(300)ルーティアシリーズ サーモスタット付シャワーバス水栓 <水が止まらない・開閉 ハンドルが外れた> 水栓本体交換方法(後継品) ※INAX ユニットバス水栓

目次

INAX BF-4646TC(300)ルーティアシリーズ サーモスタット付シャワーバス水栓 <水が止まらない・開閉 ハンドルが外れた> 水栓本体交換方法(後継品) ※INAX ユニットバス水栓

INAX ルーティアシリーズ サーモスタット付シャワーバス水栓 BF-4646TCR(300)(1999-2000年) 

   R 仕様 = シャワーハンドルが右側  ※L使用(左側)も有り

INAX BF-4646TC(300)ルーティアシリーズ サーモスタット付シャワーバス水栓 <水が止まらない・開閉 ハンドルが外れた> 水栓本体交換方法(後継品) ※INAX ユニットバス水栓
INAX BF-4646TC(300)ルーティアシリーズ サーモスタット付シャワーバス水栓 <水が止まらない・開閉 ハンドルが外れた> 水栓本体交換方法(後継品) ※INAX ユニットバス水栓

症状:シャワー・カランの水が止まらない。開閉ハンドルが外れた。

シャワー、カランの開閉ハンドルを閉めても、水がポタポタと止まらない状態です。

止まりが悪い為、強くハンドルを閉めていたら、ハンドルが破損し外れてしまったという事です。

INAX BF-4646TC(300)ルーティアシリーズ サーモスタット付シャワーバス水栓 <水が止まらない・開閉 ハンドルが外れた> 水栓本体交換方法(後継品) ※INAX ユニットバス水栓

原因:水栓内部の切替弁部の消耗

開閉ハンドルを閉めても、水が完全に止まらないのは、本体内部にある切替弁部の消耗が原因です。

INAX BF-4646TC(300)は、修理部品の廃盤が多い為、修理不可の場合も

INAX BF-4646TC(300)は、水栓本体が廃盤となってから20年以上経過している為、修理部品が一部を除き廃盤となっています。

今回、原因となっている切替弁部は、まだ生産はされていますが、破損してしまった開閉ハンドル部廃盤となっています

取替用部品はこちら(切替弁部、温調ASSY)

水栓本体の交換を行います。

取替え用水栓(後継品) LIXIL(INAX) BF-WM646TSG(300)

LIXIL(INAX) 台付サーモスタット付シャワーバス水栓 BF-WM646TSG(300)

INAX BF-4646TC(300)ルーティアシリーズ サーモスタット付シャワーバス水栓 <水が止まらない・開閉 ハンドルが外れた> 水栓本体交換方法(後継品) ※INAX ユニットバス水栓

水栓本体交換方法

必要工具

・プラスドライバー

・マイナスドライバー

・モンキーレンチ

・台付き水栓用レンチ

・給水フレキ管用パッキン

INAX BF-WM646TSG(300)の取り外し方

STEP
ユニットバス点検口の取り外し。

ユニットバスの点検口を取外し、配管の接続部分が見える状態にします。

点検口は現場の状況によって変わります。(通常、水栓の下付近にあります。)

STEP
水をとめる。

点検口内止水栓が付いていれば、止水栓を閉めます。(無い場合が多い)

止水栓がなければ、水道メーターなどの大元のバルブを閉め、水・湯を止めます。

水が止まった事をしっかりと確認して、作業に取り掛かってください。

STEP
給水管(フレキ管)の取り外し。

湯・水の配管と水栓本体をつなぐ、給水管(フレキ管)を取り外します。

工具を使用し、両端のナットを取外します。

水栓本体側の接続部のナットは、台付き水栓用レンチを使用します。

STEP
水栓本体の取り外し。

水栓本体の下(ユニットバスの天板下)に、水栓本体を固定している固定ナットがあります。

こちらを、台付き水栓用レンチを使用し、取り外します。(ワッシャー・パッキンも)

固定ナットを取外し後、天板の上から水栓本体を抜き取ります。

ワッシャー・パッキンが張り付いている場合は、水栓を抜き取ると落下しますので、手で受け取りましょう。

ここから、新しい水栓(LIXIL BF-WM646TSG)の取付

INAX BF-4646TC(300)ルーティアシリーズ サーモスタット付シャワーバス水栓 <水が止まらない・開閉 ハンドルが外れた> 水栓本体交換方法(後継品) ※INAX ユニットバス水栓
STEP
取付脚ピッチの変更。

ユニットバスの取付穴のピッチ(芯々寸法)は、100mmですので、水栓本体の取付脚ピッチを変更します。

(工場出荷時の状態=120㎜)

LIXIL BF-WM646TSG は、取付け脚が可変式ピッチになっています。85、100(102)、120㎜

取付脚の片側を一旦取外し、角度を変えて取付け直します。

STEP
水栓本体を天板に固定する。

水栓本体天板に設置し、固定ナットを締め付け、固定します。

STEP
給水管の接続。

給水・給湯管と水栓本体をフレキ管で再接続します。

この時に、接続部分のパッキンは交換する様にしましょう。(水漏れの原因となります。)

湯・水の接続を逆に間違えない様に注意。

STEP
吐水パイプの仮取付。通水、水漏れの有無の確認。

水栓本体吐水パイプを一旦取付し、その後、水・湯を通水します。

INAX BF-4646TC(300)ルーティアシリーズ サーモスタット付シャワーバス水栓 <水が止まらない・開閉 ハンドルが外れた> 水栓本体交換方法(後継品) ※INAX ユニットバス水栓

給水フレキ管の接続部分の水漏れは、時間をかけて、しっかりと確認しましょう。

隠蔽されてしまう為、水漏れが発生しても見えなくなってしまいます。

STEP
化粧カバー、シャワーエルボの取付。

本体の化粧カバーを取付けます。

シャワーエルボも取付けます。

ねじ込んで取付け、エルボの先は上向きにしておきます。

STEP
吐水パイプ、シャワーホースの取付。

吐水パイプ、シャワーホースを取付けます。

INAX BF-4646TC(300)ルーティアシリーズ サーモスタット付シャワーバス水栓 <水が止まらない・開閉 ハンドルが外れた> 水栓本体交換方法(後継品) ※INAX ユニットバス水栓

完成

LIXIL(INAX) 台付サーモスタット付シャワーバス水栓 BF-WM646TSG(300)

<補足>修理用部品: 切替弁部、 温調ASSY(サーモユニット)

シャワー、カランの水が止まらない場合(どちらの同じ部品です。)

LIXIL 切替弁部 A-3059

温度調節が効かない場合

LIXIL 温調ASSY(サーモユニット) A-3070-1

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次