MENU

INAX DT-2820 アメージュM 手洗付ロータンク 水が止まらない場合の修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)※DT-2520(手洗い無)も対象

目次

INAX DT-2820 アメージュM 手洗付ロータンク 水が止まらない場合の修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)※DT-2520(手洗い無)も対象

INAX アメージュM 手洗い付ロータンク DT-2820(1998-2000年)

INAX DT-2820 アメージュM 手洗付ロータンク 水が止まらない場合の修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)※DT-2520(手洗い無)も対象

GDT-2820、GDT-2520も対象

GDT-2820 防汚コーティング品

DT-2520  手洗い無し

INAX DT-2820 アメージュM 手洗付ロータンク 水が止まらない場合の修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)※DT-2520(手洗い無)も対象

症状:タンク内の水が止まらない。便器内にチョロチョロ水が流れ続けている。    

・タンク内の水が止まらずに出続けている。

INAX DT-2820 アメージュM 手洗付ロータンク 水が止まらない場合の修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)※DT-2520(手洗い無)も対象

・便器内にチョロチョロと水が流れ続けている。

INAX DT-2820 アメージュM 手洗付ロータンク 水が止まらない場合の修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)※DT-2520(手洗い無)も対象

上記の症状は、連動して起こっています。

タンク内の水が止まらずに水位が上がり、タンクからの溢れ防止のオーバーフロー管を通り、便器内へ流れ込んでいるとい状態です。

蛇口から水が出続けているのと同じ状態なので、放置しておけば当然、水道料金も上がってしまいます。

原因:ロータンク内部部品(ボールタップ、フロートゴム玉)の消耗

水が止まらなくなる原因は、ロータンク内部の部品の消耗によるものがほとんどです。

ボールタップが故障すれば、タンクに水が溜まっても、いつまでも水が出続けてしまいます。

フロート弁のゴム玉が消耗すれば、タンク内にいつまでたっても水が溜まらずに、いつまでも水が出続けてしまいます。

この2点の部品は、ロータンクの主要部品となります。どちらか一方が故障すれば、正常に水は止まりません。

取替え用部品: ボールタップ、フロートゴム玉(メーカー純正品)

LIXIL = 旧 INAX

LIXIL マルチボールタップ  TF-20B

LIXIL フロートゴム玉(大) TF-10R-L

その他修理部品はこちら(洗浄ハンドル、フロート弁)

取替え方法(ボールタップ・フロートゴム玉)

必要工具

・マイナスドライバー

・モンキーレンチ

・ゴム手袋 

・ハサミ、または カッターナイフ

STEP
水を止め、タンク内の水を抜く。

止水栓マイナスドライバーで締めて、水を止めます。

その後、タンクの水を流し、タンク内を空の状態にします。

STEP
ボールタップの取り外し。

給水管からつながるフクロナット工具を使用して緩めます。

続いて、一つ内側のボールタップの固定ナット(金属)を取り外します。

給水フクロナット・固定ナットを取り外せば、ボールタップをタンク内側から抜き取る事が出来ます。

STEP
フロートゴム玉の取り外し。

まず、洗浄レバーから取外します。

続いて、オーバーフロー管の上部に付いているストッパー横に抜き取ります。

ストッパーを取り外せば、フロートゴム玉は真上に抜き取る事が出来ます。

STEP
フロートゴム玉の交換、取付。

取り外したフロートゴム玉白いカップ部分は再利用する為、止めリングを抜き、ゴム玉部分のみ交換します。

INAX DT-2820 アメージュM 手洗付ロータンク 水が止まらない場合の修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)※DT-2520(手洗い無)も対象

ゴム玉部分を交換したら、タンク内へ戻します。

取外しと逆の手順で取付けましょう。

STEP
新しいボールタップの取付。

新しいボールタップの取付部分を一度分解し、ロータンクの取付穴に通し、固定します。

給水管との接続部分には、ストレーナーパッキン(付属品)を入れます。

フクロナットを工具を使い、適度に締め込みます。

ボールタップは真上から見て、垂直に取付けられているか確認しましょう。

斜めになっていると、タンクの側面や、他の部品に干渉し、正常に作動しない原因となります。

INAX DT-2820 アメージュM 手洗付ロータンク 水が止まらない場合の修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)※DT-2520(手洗い無)も対象

補給水管(黒いゴムホース)は長いので、ハサミなどでカットしましょう。

STEP
止水栓を開けて、水位調整をする。

止水栓を開けて、タンクに給水をしますが、手洗い用ジャバラホースから水が出るので、しっかりと手で持ち、先端をタンク内へ向けておきましょう。

タンクに水が溜まり、給水が止まったら、水位の調整を行います。

オーバーフロー管「W.L」のラインを基準に調節します。

W.L = ウォーターライン

水位調整は、ボールタップの浮きの上部に調整ネジがありますので、マイナスドライバーを使用し、調節します。

INAX DT-2820 アメージュM 手洗付ロータンク 水が止まらない場合の修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)※DT-2520(手洗い無)も対象
STEP
タンクの蓋を取付ける。作業完了。

手洗い用ジャバラホースタンクの蓋手洗い管に接続し、タンクの蓋を取付けます。

修理完了です。

給水管の接続部分に水漏れが無いか確認しましょう。

その他、修理部品:洗浄ハンドル、フロート弁

洗浄ハンドルが破損してしまった場合

LIXIL マルチ洗浄ハンドル  TF-10A

フロート弁が破損してしまった場合

LIXIL フロート弁  TF-2820C

フロート弁の交換方法はこちらをご参照ください。(品番は違いますが、要領は同じです。)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次