MENU

INAX GDT-2810 アメージュCロータンク  水が止まらない・タンクに水が溜まらない 修理方法(フロート弁交換手順)

目次

INAX GDT-2810 アメージュCロータンク  水が止まらない・タンクに水が溜まらない 修理方法(フロート弁交換手順)

INAX GDT-2810 アメージュCロータンク  水が止まらない・タンクに水が溜まらない 修理方法(フロート弁交換手順)

INAX アメージュC 手洗い付ロータンク GDT-2810(1999-2001年)

便器品番 GC-110ST

類似品番  DT-2810、DT-2510 も対象

INAX DT-2810  相違点:プロガード(防汚コーティング)無し

INAX  DT-2510  相違点:手洗い無し

症状:タンクに水が止まらない、タンクに水が溜まらない

タンクの給水が止まらずにずっと出続けてしまう。

タンクへの給水がいつまでも止まらずに出続けてしまう状態です。

また、ロータンクへ給水され続けた水が、便器内へ流れ込んでいます。

タンクに水が溜まらない

タンクに給水された水が全て、便器内へ流れ出てしまい、水が溜まらない状態です。

水が溜まらない為、トイレを流すことが出来ません。

原因:タンク内のフロート弁の破損

今回の原因は、タンク内部のフロート弁のオーバーフロー管の破損です。

タンクに水を留めておく事が出来ず、いつまでも満水にならない為、ボールタップから給水され続けてしまいます。

INAX製のロータンクでは、たまに見られる現象です。

INAX GDT-2810 アメージュCロータンク  水が止まらない・タンクに水が溜まらない 修理方法(フロート弁交換手順)

タンクに水が溜まっているが、水が出続ける場合は、ボールタップが原因

タンク内が満水になっていて、水が止まらない場合は、ボールタップの故障が原因となります

取替用部: LIXIL フロート弁 TF-2820C(243)

LIXIL(旧・INAX) 大小切替フロート弁 TF-2820C(243)

INAX GDT-2810 アメージュCロータンク  水が止まらない・タンクに水が溜まらない 修理方法(フロート弁交換手順)

使用年数が経っている製品ですので、フロート弁と一緒にボールタップを交換する事をお勧めします。

その他の修理部品はこちら(ボールタップ・フロートゴム玉・レバーハンドル)

必要工具

・マイナスドライバー

・モンキーレンチ

・13mmナット用レンチ ※ラチェット式がお勧め

・ワイドモンキーレンチ 開口68mm以上

フロート弁交換手順

①水を止める

止水栓マイナスドライバーで回し、水を止めます。

②給水管の取り外し

止水栓からロータンクに繋がる給水管を、ナット部で取り外します。

➂ロータンク固定用ボルトの取り外し

ロータンクの下に、便器と固定をしている密結ボルトが見えます。(左右2箇所)

ラチェット式レンチなどを使用し、ナット(13mm)を取り外します。

④ロータンクの取り外し

給水管・密決ボルトのナットを取り外したら、便器からロータンクを取り外す事が出来ます。

陶器製のタンクは重く、不安定な体勢で持ち上げるかたちになるので、腰を傷めたりしないように注意しましょう。

また、タンクを落としたりして破損させてしまうと、代わりのものは現在生産されておりません。

その場合は、便器を含めて一式交換しなくてはなりませんので、充分注意して下さい。

取り外したタンクは、床に寝かせた状態で置きます。

⑤フロート弁の取り外し

フロート弁固定ナット工具(68mm以上開口するもの)を使用して取り外します。

ナットは反時計まわしで緩みます。

固定ナットを取り外せば、タンクの内側からフロート弁を抜き取ることが出来ます。

INAX GDT-2810 アメージュCロータンク  水が止まらない・タンクに水が溜まらない 修理方法(フロート弁交換手順)

⑥新しいフロート弁の取付

新しいフロート弁は、取外しと逆の手順で取付けましょう。

フロート弁の取付向きには、充分注意して下さい。

他の部品に干渉し、正常に動作がしなくなります。

INAX GDT-2810 アメージュCロータンク  水が止まらない・タンクに水が溜まらない 修理方法(フロート弁交換手順)

フロート弁の固定ナットは工具を使い、しっかりと締め込みましょう。水漏れの原因となります。

フロート弁の鎖は、レバーハンドルに繋ぎます。

⑦ロータンクを便器に取り付ける

ロータンクを便器に設置し、固定します。

タンクは垂直にゆっくりと降ろし、下部のボルトフロート弁が所定の位置に入るように据え付けます。

タンクは重たいので、この時も十分に注意して下さい。

据え付け後、下面からナットで固定します。

ナット工具を使い締め込みますが、極端に締めすぎると、陶器の破損に繋がりますので注意して下さい。

⑧給水管の接続・通水

給水管ロータンクに接続します。

この時に接続部の平パッキン(呼13mm用・19ミリパッキン)を交換する事をお勧めします。

止水栓を開け、給水します。

この時に、手洗い管の先端からも水が噴き出ますので、手で持ちタンク内へ向けておきましょう。

タンク内に水が溜まり、給水が止まれば問題有りません。

※給水が止まらずに、オーバーフローしてしまう場合は、ボールタップの取替えも必要です。

⑧タンクのフタを取付ける

タンクのフタを取付ける際に、確実に手洗い管を差し込みましょう。

ここが入っていないと、給水時にタンクから水が漏れ出します。

取替え完了

その他の修理部品: ボールタップ、フロートゴム玉、レバーハンドル

ボールタップの水が止まらない場合

LIXIL マルチボールタップ  TF-20B

フロート弁のゴム玉のみの劣化の場合

LIXIL 取替用フロートゴム玉(大) TF-10R-L

レバーハンドルが破損した場合

LIXIL マルチ洗浄ハンドル  TF-10A

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次