MENU

INAX(現LIXIL) DT-3850 トイレ手洗い付ロータンク 水漏れ修理方法(給水ホース・ボールタップ交換手順)

目次

INAX(現LIXIL) DT-3850 トイレ手洗い付ロータンク 水漏れ修理方法(給水ホース・ボールタップ交換手順)

INAX(現LIXIL) 手洗い付ロータンク DT-3850(2001-2012年)

※便器部  BC-270S

INAX(現LIXIL) DT-3850 トイレ手洗い付ロータンク 水漏れ修理方法(給水ホース・ボールタップ交換手順)

症状

・タンクの下から水漏れ

・タンクの給水ホースから水が伝ってくる。

・タンク内の水が止まらない

原因

「タンクの給水ホースから水がつたってくる。」場合

給水ホースの劣化による水漏れが原因です。

この部分は、常時水圧がかかっている為、水漏れが発生すると、トイレを使う・使わないに関わらず、水漏れし続けます。こちらのホースは、製品廃盤となっていますので、代替品への交換が必要です。

「タンク内の水が止まらない・オーバーフローしている」場合

ボールタップの劣化による止水不良となります。ボールタップ部の交換が必要です。

取替用部品:フレキホース、ボールタップ

LIXIL フレキホース(1000㎜) 322-1127

代替品の為、古いホースよりも一回り細いです。

LIXIL ボールタップ TF-3840B(80)-20

フロートゴム玉も交換する場合

LIXIL フロートゴム玉  TF-10R-L

取替え手順

必要工具

・マイナスドライバー

・止水栓を締め、水をとめる。

マイナスドライバーで止水栓を締め、水を止めます。

・止水栓(分岐金具)から給水ホースを取り外す。

抜け止めのクリップリング(樹脂製)を取り外し、給水ホースを抜き取ります。

・タンク内側の給水ホースの取り外し、ホースを抜き取る。

こちらも同様に、クリップリングを取り外し、接続部(ボールタップ)から給水ホース抜き取ります。

そのまま、ホースを上に抜き取ります。

ここからボールタップの交換(必要な場合)

・古いボールタップを取り外す。

手洗い管(透明のジャバラホース)・補給水管(黒いホース)を取り外す

ボールタップの固定リングを上に引き抜きます。(再利用します。)

ボールタップをタンク内側へ抜き取ります。

新しいボールタップの取付

取り外しと逆の手順で取付けていきます。

ボールタップをしっかりと押し込まないと、固定リングが入らないので注意しましょう。

補給水管・手洗い管の接続

・給水ホースの接続

給水ホースをボールタップに差し込み、クリップリングで固定します。

給水ホースの交換続き

・ボールタップ側・止水栓側に給水ホースを接続する

ボールタップ側と共に、止水栓側も新しいホースを接続し直します。

・タンクのフタを取付ける。

手洗い管をしっかりと差し込んで、取付けます。

止水栓を開け、通水。作業完了。

水漏れが無いか確認をしましょう。

作業難易度(5段階)

作業難易度は、 「2.5」 です。

床への水漏れは、給水ホース以外にもありますので、原因の箇所をしっかりと特定しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次