KVK KF304NSL4(タカラスタンダード洗面台)シングルレバー式洗髪シャワー水栓<シャワーホースから水漏れ> シャワーホース交換方法

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
目次

KVK KF304NSL4(タカラスタンダード洗面台)シングルレバー式洗髪シャワー水栓<シャワーホースから水漏れ> シャワーホース交換方法

KVK シングルレバー式洗髪シャワー水栓 KF304NSL4(1989-1997年)

※洗面化粧台 タカラスタンダード社製

KVK KF304NSL4(タカラスタンダード洗面台)シングルレバー式洗髪シャワー水栓
KVK KF304NSL4(タカラスタンダード洗面台)シングルレバー式洗髪シャワー水栓

症状:水を出すと、シャワーホースから水漏れがする。

蛇口から水を出していると、シャワーホースから水が滲むように水漏れがしてきます。

洗面台収納内にある水受けの容器に、すぐに水が溜まって溢れてしまう状況です。

KVK KF304NSL4(タカラスタンダード洗面台)<シャワーホースから水漏れ> 
KVK KF304NSL4(タカラスタンダード洗面台)シャワーホースから水漏れ

原因:シャワーホース内部の劣化が原因

シャワーホースの構造は、金属のジャバラホースの内部に、ゴム製のホースが通っています。

内部のゴム製のホースが、経年劣化により硬化し、亀裂が入って水漏れが起こるのが原因です

このような、引き出し式シャワーホース(ハンドシャワー)の水栓は、経年劣化により、シャワーホースから水漏れが起こる事がひとつの特徴でもあります。

しかも、通常見える箇所ではない為、水漏れが少量の内は気が付きません。

気づいた頃には、洗面台の収納内が水浸し、洗面台まわりの床が水浸しという事がほとんどです。

シャワーホースの水漏れを修理する為には、メーカー純正部品への交換が必要になります。

取替用部品:シャワーホース(※2種類有り) 、カプラー

取替用のシャワーホースは2種類有ります。

現在と同じ仕様のシャワーホースを準備しないと、取付ができません。

確認箇所・方法

シャワーヘッドを取外し、シャワーホースナット部分が、「2ピース仕様」「一体型仕様」かを確認します。

①シャワーホースの取り外し

スタンドにセットした状態で、シャワーヘッドを反時計回りにクルクルと回して、取り外します。

②シャワーホースナット部分の形状を確認。

シャワーホースナット部が、カバーインナーに分かれるのが「2ピース仕様」

                      分かれていないのが「一体型仕様」

KVK KF304NSL4 シャワーホース交換方法

2ピース仕様の場合

KVK シャワーホース(2ピース型)L=1200  Z46736

KVK KF304NSL4 シャワーホース交換方法

一体型仕様の場合

KVK シャワーホース(一体型)L=1200  Z49855

シャワーホースと一緒に交換をおすすめ

KVK カプラー Z351N2

シャワーホース交換方法

必要工具

・マイナスドライバー

・ウォーターポンププライヤー

取替え手順

STEP
シャワーホースの接続部の取り外し。

水栓本体下のシャワーホースの接続部を取り外します。

カプラージョイントを、赤い部分を下にスライドした状態で、真下に引き抜きます。

取外し時に、残り水が出てきますので、タオルなどを準備しておきましょう。

STEP
シャワーホースからカプラージョイントを取り外す。

ネジ接合になっている為、シャワーホースプライヤーで固定し、カプラージョイントをクルクルと回すと取外しが出来ます。(こちらもシャワーホース内部から残り水が出てきます。)

STEP
シャワーヘッドの取り外し。

シャワーヘッドを取り外します。シャワーホースの仕様確認時と同じ方法です。

STEP
シャワーホースをシャワースタンドから抜き取る。

そのまま引っ張ってもシャワーホースの先端が引っ掛かり、抜き取れません。

シャワースタンドの口に、ストッパーが付いているので、取り外します。

ストッパーの凹み部分に、マイナスドライバーなどをかけ、反時計回りに回転させます

中からストッパーが出てきますので、抜き取り、シャワーホースを引き出します。

KVK KF304NSL4 シャワーホース交換方法
STEP
新しいシャワーホースをスタンドに通す。

新しいシャワーホースの先端スタンドの穴に通します。

取外し時と、逆の手順でストッパーを取付けます。

シャワーホースを普通に送り込んでも、スタンドの途中で先端が引っ掛かり、止まってしまいます。

一旦、シャワースタンドを分解し、通し易い状態にします。

シャワースタンドをリフトアップし、シルバー部分をクルクルと回して、ネジを緩めます。

この状態で、シャワーホースを通します。

KVK KF304NSL4 シャワーホース交換方法

シャワースタンドを戻します。

STEP
シャワーホースにカプラーを取付け、水栓本体に接続する。

シャワーホースに、カプラージョイントを取付けます。

古いカプラーを再利用すると、水漏れが発生する可能性があります。

カプラーが「カチッ」と音(感覚)がするまで差し込みます。

KVK KF304NSL4 シャワーホース交換方法
STEP
シャワーヘッドの取付。
2ピース仕様の場合

シャワホースナットカバーを取付けます。

シャワーヘッドを、ねじ込みながら接続します。

STEP
水を出して、漏水の有無の確認。

水を出して、水漏れが無い事を確認しましょう。

また、シャワーホースがスムーズに出し入れできるかも確認します。

シャワーホースが出てこない・戻らない場合は、洗面台の収納内でホースが、他の部分に干渉している可能性があります。

完成

その他、修理部品: バルブカートリッジ

レバーを上げても水が止まらない場合は、水栓内部のバルブカートリッジの交換が必要です。

KVK カートリッジ(上吐水) PZKM110C

シングルレバーが下吐水式から上吐水式へ変更になります。

バルブカートリッジの交換方法は、リンク先をご参照ください。

取替用水栓(後継品): KVK KM8007

KVK 台付シングルレバー洗髪シャワー水栓  KM8007

MYM MS2340U12(修理部品供給終了)サーモスタット式洗髪シャワー水栓 <水が止まらない・温度調節が出来ない> 水栓本体交換方法 ※ヤマハ製洗面台などに使用

DIYでの取替が不安な方へおすすめ

KVK KM8007 工事費込みセット(商品+基本工事)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次