MYM MS6000 壁付サーモスタット式シャワー水栓<温度調節が出来ない、水が止まらない> 修理方法(温調カートリッジ、切替カートリッジ交換手順)

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
目次

MYM MS6000 壁付サーモスタット式シャワー水栓<温度調節が出来ない、水が止まらない> 修理方法(温調カートリッジ、切替カートリッジ交換手順)

MYM 壁付サーモスタット式シャワー水栓 (1996-2003年)

MYM MS6000 壁付サーモスタット式シャワー水栓<温度調節が出来ない、水が止まらない> 修理方法(温調カートリッジ、切替カートリッジ交換手順)
MYM MS6000 壁付サーモスタット式シャワー水栓<温度調節が出来ない、水が止まらない> 修理方法(温調カートリッジ、切替カートリッジ交換手順)

症状:温度調節が効かない。 水が止まらない。

症状① 温度調節が効かない。(お湯が出ない・水が出ない)

温調ハンドルを回しても、お湯の温度が変わらない。もしくは、水しか出ない・熱いお湯しか出ないという状態です。

MYM MS6000 壁付サーモスタット式シャワー水栓<温度調節が出来ない、水が止まらない> 修理方法(温調カートリッジ、切替カートリッジ交換手順)
お湯が出ない場合の注意点

給湯設備に問題がある場合があります。

給湯器・温水器に異常がないか確認しましょう。

湯・水が水栓本体まで来ている事を確認する方法

①止水栓(湯・水)を閉める。

②本体を取付脚から取り外す。

➂止水栓を開けて、湯・水が出る事を確認する。

MYM MS6000 壁付サーモスタット式シャワー水栓<温度調節が出来ない、水が止まらない> 修理方法(温調カートリッジ、切替カートリッジ交換手順)

症状② 水が止まらない。

切替ハンドル「止」の位置に合わせても、シャワーまたはカラン側から水がポタポタと漏れ続けてしまう状況です

MYM MS6000 壁付サーモスタット式シャワー水栓<温度調節が出来ない、水が止まらない> 修理方法(温調カートリッジ、切替カートリッジ交換手順)

原因:温調カートリッジの消耗。切替カートリッジの消耗。

症状① 

給湯設備に問題が無く、水栓の温調ハンドルを回しても、お湯の温度が変わらない原因は、水栓内部の温調カートリッジの消耗です。

修理をする為には、温調カートリッジの交換が必要です。

症状② 

切替ハンドル「止」位置に合わせても水が止まらない原因は、水栓内部の切替カートリッジの消耗です。

修理をする為には、切替カートリッジの交換が必要です。

修理用部品:温調カートリッジ、切替カートリッジ

MYM社は、2008年に事業撤退(倒産)している為、修理部品は、KVK社が引き継いでいます。

水栓の温度調節が効かない場合の修理部品

KVK 温調カートリッジ KPS60

切替ハンドルで、水が止まらない場合の修理部品

KVK 切替カートリッジ KP717

水栓本体の代替品・後継品(水栓本体を交換したい場合)

KVK 壁付サーモスタット式シャワー水栓(吐水口80㎜) FTB100KR8T

KVK 壁付サーモスタット式シャワー水栓(吐水口170㎜) FTB100KT

温調カートリッジ交換方法(切替カートリッジも同じ要領です。)

必要工具

・マイナスドライバー

・モンキーレンチ (開口幅広め)

・ウォーターポンププライヤー

・温度計  ※温調カートリッジの交換時のみ

温調カートリッジ交換手順

STEP
水・湯をとめる。
STEP
温調ハンドル・温調ストッパーの取り外し。

温調ハンドルは、継ぎ目にマイナスドライバーをねじ込み、ハンドルを真横に引き抜くようにして取り外しが出来ます。

温調ストッパーは、真横に抜き取り、取り外します。

MYM MS6000 壁付サーモスタット式シャワー水栓<温度調節が出来ない、水が止まらない> 修理方法(温調カートリッジ、切替カートリッジ交換手順)
STEP
カートリッジの固定ナットの取り外し。

モンキーレンチなどの工具を使用し、固定ナットを回して取り外します。

STEP
温調カートリッジを抜き取る。

水栓を正面から見た位置に、凹凸の切り欠き部分が有ります。

ここにマイナスドライバーを差し込み、てこの原理温調カートリッジを押し出します。

MYM MS6000 壁付サーモスタット式シャワー水栓<温度調節が出来ない、水が止まらない> 修理方法(温調カートリッジ、切替カートリッジ交換手順)

あとは、ウォーターポンププライヤーなどでカートリッジを掴み、抜き取りましょう。

MYM MS6000 壁付サーモスタット式シャワー水栓<温度調節が出来ない、水が止まらない> 修理方法(温調カートリッジ、切替カートリッジ交換手順)
STEP
新しい温調カートリッジの取付。
MYM MS6000 壁付サーモスタット式シャワー水栓<温度調節が出来ない、水が止まらない> 修理方法(温調カートリッジ、切替カートリッジ交換手順)

新しい温調カートリッジを差し込みます。

本体カートリッジ凹凸部分を合わせて、奥までしっかりと差し込みましょう。

STEP
固定ナット、温調ストッパーの取付。

取り外し時と逆の手順で、固定ナット・温調ストッパーを取付けます。

STEP
お湯の温度を確認し、温調ハンドルを取付ける。

温調ハンドルを取付ける前に、この状態で湯・水の止水栓を開けてお湯を出し、湯温を確認します。

給湯器・温水器のリモコンの給湯温度設定は、50~60℃にしておきます。

40℃のお湯が出るように、温調カートリッジの先端を回し、調整します。

MYM MS6000 壁付サーモスタット式シャワー水栓<温度調節が出来ない、水が止まらない> 修理方法(温調カートリッジ、切替カートリッジ交換手順)

お湯が40℃になった位置で、温調ハンドルを取付けます。

ハンドルの「40」と「ライン(-)」が合うように取付。

完了

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次