MENU

TOTO 壁付サーモシャワー水栓 TMGG40E 水漏れ修理 開閉バルブ部の交換方法

目次

TOTO 壁付サーモシャワー水栓 TMGG40E 水漏れ修理 開閉バルブ部の交換方法

TOTO 壁付サーモシャワー水栓 TMGG40E(2012年~)

TOTO 壁付サーモシャワー水栓 TMGG40E 水漏れ修理 開閉バルブ部の交換方法

症状:シャワーまたはカランから、水がポタポタ止まらない

シャワーまたはカランから、水がポタポタと止まらない。

切替レバーを止水位置に合わせても、水が止まらない。

追加症状>

レバーハンドル切替時に、「カチッ」と音がしなくなった。

原因:水栓内部の開閉バルブ部の消耗

このタイプの水栓は、現在もっとも多く普及しておりますが、シャワー・カランからの水漏れが止まらいといった場合、原因は単純なパッキンなどでは無く、内部の「開閉バルブ部」と呼ばれる部品の消耗となります。

症状が現れる年数は、早ければ6、7年で、使用頻度などによって異なります。

追加症状の原因>

レバーハンドルの切替の音・感覚が無い場合は、「スペーサー」と呼ばれる部品の交換も併せて必要になります。

使用部品  TOTO 開閉バルブ部  TH577 、スペーサー THA1-6

TOTO 開閉バルブ部  TH577

     スペーサー  THA1-6 ※必要な場合

補足:その他修理部品 温度調節ユニット ※サーモ不良の場合

TOTO 温度調節ユニット TH576-4S

TOTO TMGG40E 浴室サーモスタット付シャワー水栓 温度調節が効かない場合の修理方法(サーモユニット交換手順)

取替用の水栓本体はこちら

作業手順

必要工具

・マイナスドライバー

・プラスドライバー

・カッターナイフ または 先端の細い工具

・モーターレンチ 

・ウォーターポンププライヤー

①水を止める。

水栓の取付脚部分でマイナスドライバーを使い、止水します。(水・湯)

②レバーハンドル部の取り外し。

ハンドル側面に化粧キャップで止めネジが隠れていますので、緩めて外します。

化粧キャップはカッターナイフの先など、先の細いもので、取る事が出来ます。

止めネジを外せば、レバーハンドルが真横に抜き取れます。

➂その他部品、固定ナットの取り外し。

次に、樹脂のリング状の部品、2点を取り外し

続いて、フクロナットをモーターレンチなどの開口の大きい工具で、取り外します

④スペーサー、開閉バルブ部の取り外し。

ナットを外したら、「スペーサー」(白い樹脂の部品)、「開閉バルブ部」の順に取り外します

開閉バルブ部は、真横に引き抜くだけですが、固着している事が多く、抜けにくいので、プライヤーなどの工具でしっかりと掴んで引き抜きましょう。

※急に、抜けた勢いで転んだり、壁に手をぶつけたりしない様に注意して下さい。

新しい開閉バルブ部の取付。

差し込み時に、向きに注意して下さい。この向きが合っていないと正常に作動しません。

⑦その他の部品の復旧

固定ナットの締め込み、リング部品の取付を行います。

レバーハンドルの差し込みは、お互いの向きがありますので、注意して下さい。

向きを合わせないと、奥まで差し込みが出来ません。

⑧止水栓を開けて、動作確認。 作業完了

止水栓を開けて、レバーハンドルの位置通りに水が出るか確認をしましょう。

開閉バルブ部の取付け向きが間違っていると、正常に作動しません。

作業難易度(5段階)

作業難易度は、 「3」 です。

部品の取付向きがとても重要になります。しっかりと確認をして作業しましょう

取替用水栓(後継品) TOTO TBV03401J

TOTO 壁付サーモ・シャワー水栓 TBV03401J

ご自身での取替えが不安な方へおすすめ

TOTO TBV03401J 工事費込みセット(商品+基本工事)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次