MENU

TOTO エレガントシリーズ TK630・TF620(補修部品供給終了) 壁付シングルレバー水栓 水漏れ 水栓本体交換手順

目次

TOTO エレガントシリーズ TK630・TF620(補修部品供給終了) 壁付シングルレバー水栓 水漏れ 水栓本体交換手順

TOTO 壁付シングルレバー水栓 TK630(1987-1997年)

※色違い品が多数あります。

TOTO エレガントシリーズ TK630・TF620(補修部品供給終了) 壁付シングルレバー水栓 水漏れ 水栓本体交換手順

類似品  TOTO TF620(1984-1988年)、同形状でカラー塗装品

外観は、ほぼ同じで、「TOTO」マークの位置が異なります。

これ以外にも、同形状で、本体部がカラー塗装された製品も有ります。

症状:水が止まらない

レバーを止水方向に操作しても水が止まらない状態です。

こちらの水栓は、20年以上前の製品になりますので、現在の様にレバーを下げて止水するタイプではなく、レバーを上げる事で止水をするタイプになります。

この様なタイプは、「下吐水」と呼ばれ、「上吐水」が主流の現在では、どこのメーカーでも製造していません。

原因:水栓内部のバルブカートリッジの消耗 ※修理部品は廃盤

レバーの操作で水が止まらないのは、水栓内部のバルブカートリッジの消耗が原因となります。

しかし、こちらのTK630・TF620は、修理部品の供給を終了しています。

よって、修理をする事が出来ないので、水栓本体の交換が必要となります。

代替用水栓(後継品) TOTO TKS05312J

TOTO 壁付シングルレバー水栓  TKS05312J

大きな相違点  下吐水 → 上吐水

DIYでの取替えが不安な方へおすすめ

TOTO TKS05312J 工事費込みセット(商品+基本工事)

水栓本体交換手順

TOTO TKS05312Jの交換手順は、リンク先をご参照ください。

あわせて読みたい
壁付混合水栓 取替え方法(自分で・水廻りDIY) シールテープ巻き方・巻き数等 【壁付混合水栓 取替え方法(自分で・水廻りDIY) シールテープ巻き方・巻き数等】 壁付混合水栓とは まず、「混合水栓」というものは、水と湯を混合して出せる水栓の...

水栓本体交換 完了

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次