MENU

TOTO  TMF30CX(補修部品供給終了)浴室 壁付シングル・シャワーバス水栓 吐水口が外れた・水が止まらない サーモ式への水栓本体交換方法

目次

TOTO  TMF30CX(補修部品供給終了)浴室 壁付シングル・シャワーバス水栓 吐水口が外れた・水が止まらない サーモ式への水栓本体交換方法

TOTO 壁付シングル・シャワーバス水栓 TMF30CX(1994-1999年)

※吐水パイプは抜け落ちています。

TOTO  TMF30CX(補修部品供給終了)浴室 壁付シングル・シャワーバス水栓 吐水口が外れた・水が止まらない サーモ式への水栓本体交換方法

症状:吐水パイプが外れた・水が止まらない、等

本体下から出ている、吐水パイプが外れた。

こちらの水栓の吐水パイプは、一般的な水栓のようなネジ接合では無く、本体にワンタッチで接合出来る「ワンタッチ式スパウト」型になっています。

この頃のTOTOの水栓に一時的に採用されていた方式で、現在は使われておりません。(修理部品も供給終了となっています。)

レバーを上げても、水が止まらない。動きが固い。

現在とは異なり、レバーを下げて水を出す「下げ吐水」方式になっています。

水が止まらない・レバーの動きが固いという症状は、水栓内部のカートリッジの消耗によるものですが、この「下げ吐水」式のカートリッジは、TOTOでは既に廃盤となっています。

TOTO TMF30CXの修理部品は、供給終了している

こちらの水栓は、本体の生産終了から20年以上経過している為、修理部品は全て供給終了となっています。

よって修理不可能ですので、水栓本体の交換が必要になります。

取替用水栓の種類

浴室のシャワー水栓の主流はサーモスタット式タイプ 

現在、浴室の水栓で主流となっているのは、「サーモスタット式」タイプです。

理由① 水を出す・止める、シャワー・カランの切替の操作が簡単である

シングルレバー式の水栓も存在しますが、浴室のシャワー水栓の場合、「水を出す・止める」の他に、「シャワーとカランの切替え」の操作があります。

シングルレバー式の場合

「カラン・シャワーの切替え」「水を出す・止める」操作が別々に必要。

サーモスタット式タイプの場合

「カラン・シャワーの切替え」「水を出す・止める」の操作が 一度の操作で行えます。

理由② 温度調節が簡単で、温度が安定している

シングルレバー式は、レバーの左右の位置でお湯の温度を調節しますが、温度は触りながら確認するしかありません。また、湯・水の水圧の変化などによって、使用中に温度の変化が起こる事があります

サーモスタット式の水栓の場合、温度調節のハンドルで、指定の温度に設定が出来ます。

また、水圧の変化などによる、温度の変化が少なく、安定した出湯温度が保てます。

理由➂ サーモスタット式の水栓は、種類が豊富である

シングルレバー式に比べて、現在の主流であるサーモスタット式の水栓は、本体の種類や、組み合わせで選べるシャワーヘッドが豊富にあります。

シングルレバー式は、例えば、TOTOの場合は、本体は1種類(シャワーはノーマルのみ)、LIXILの場合は、本体は2種類(シャワーはどちらものノーマルのみ)しかラインナップがありません。

交換用水栓(サーモ式) TOTO  TBV03401J 、代替品 (シングルレバー式)TOTO TBV03301J

シングルレバー式からサーモスタット式への交換の場合

TOTO 壁付サーモ・シャワーバス水栓 TBV03401J

DIYでの取替えが不安な方へおすすめ

TOTO TBV03401J 工事費込みセット(商品+基本工事)

現在と同様のシングルレバー式への交換の場合

TOTO 壁付シングル・シャワーバス水栓 TBV03301J

DIYでの取替えが不安な方へおすすめ

TOTO TBV03301J 工事費込みセット(商品+基本工事)

水栓本体の交換手順

水栓本体の取替え手順は、リンク先をご参照ください。

あわせて読みたい
壁付混合水栓 取替え方法(自分で・水廻りDIY) シールテープ巻き方・巻き数等 【壁付混合水栓 取替え方法(自分で・水廻りDIY) シールテープ巻き方・巻き数等】 壁付混合水栓とは まず、「混合水栓」というものは、水と湯を混合して出せる水栓の...

DIYでの取替えが不安な方へおすすめ

TOTO TBV03401J 工事費込みセット(商品+基本工事)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次