MENU

TOTO S536B 手洗付隅付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)

目次

TOTO S536B 手洗付隅付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)

TOTO 手洗付隅付ロータンク S536B(1995-2020年)

TOTO S536B 手洗付隅付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)

TOTO S536B の特徴 

一見、隅付ロータンクはすべて同じに見えますが、こちらのS536Bは、若干特徴が異なります。

①レバーハンドルが大洗浄のみ

便器洗浄は「大」のみです。レバーハンドルは向かって左に90°動くだけです。

②タンクの寸法が長い

洗浄水量は、大 16ℓ になります。 そのため、タンクのサイズが若干縦長になります。

症状:タンクの水が止まらない

TOTO S536B 手洗付隅付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)

便器洗浄後の給水が、タンクにいっぱいに溜まっても水が止まらない状態です。

給水され続けた水は、タンク内の筒「オーバーフロー管」へ流れ込み、便器の方へ流れ出していきます。

原因:ボールタップ・フロートバルブの消耗

タンクへの給水・止水をコントロールするボールタップの消耗が原因です。

ボールタップの交換を行いますが、もう一つの主要部品であるフロートバルブの交換も同時に行う事が基本となります。

取替用部品:ボールタップ・フロートバルブ

TOTO ボールタップ  THYS2A

    フロートバルブ  THD31(隅付タンク用)

TOTO S536B 手洗付隅付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)

ボールタップ・フロートバルブ交換手順

ールタップ・フロートバルブの交換手順は、別記事をご参照ください。

あわせて読みたい
TOTO S670B トイレ隅付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)※他、修理部品の記... 【TOTO S670B トイレ隅付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)※他、修理部品の記載有り】 TOTO  防露式手洗付隅付ロータンク S670B (1...

補足:S536Bには補給水管があります

S536Bに組み合わさる便器は、サイホン式と呼ばれる水溜まり面が広い便器になります。

補給水管を正しく繋がないと、便器洗浄後の便器内の水溜まり水位が正常に戻りません。

以前よりも水位が下がっている場合は、こちらを確認しましょう。

修理完了

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次