MENU

TOTO SH681BA(SH680BA)トイレタンク内 水漏れ修理方法(ボールタップ・排水弁交換)

目次

TOTO SH681BA(SH680BA)トイレタンク内 水漏れ修理方法(ボールタップ・排水弁交換)

TOTO 手洗い付ロータンク SH681BA (2000-2005年)

    ※手洗い無しは SH680BA

TOTO SH681BA(SH680BA)トイレタンク内 水漏れ修理方法(ボールタップ・排水弁交換)

症状:タンク内の水が止まらない

・タンクの中の水が止まらない。

・タンクに水が溜まるのが遅い。(シューシューと音を立てている)

・便器内へずっと水が流れ続けている。

TOTO SH681BA(SH680BA)トイレタンク内 水漏れ修理方法(ボールタップ・排水弁交換)

原因

「タンクの中の水が止まらない」「タンクに水が溜まるのが遅い」の場合

20年近く使用しているタンクになり、内部のボールタップの劣化により、水が止まらなくなっています。また、このタイプのボールタップの場合、もう一つの症状として、「水の出が悪くなる」という事も起こります。

水の出が悪い・タンクに溜まるのが遅い → 溜まっても水が出続ける

フィルターの詰まりが原因の場合もある

水の出が悪い場合は、ボールタップフィルターサビなどで詰まっている事もあります。

しかし、可能性としては低く、ほとんどの場合がボールタップの劣化が原因です

給水フィルターの確認方法

ボールタップのオレンジ色部分フィルターユニットになります。

90°回転させて、引き抜きます。(引き抜きは、パッキンが効いているので固いです。)

TOTO SH681BA(SH680BA)トイレタンク内 水漏れ修理方法(ボールタップ・排水弁交換)

便器内へずっと水が流れ続けている」の場合

この場合は、大きく原因は2つです。

①ボールタップの劣化により止まらなくなった水がオーバーフローして便器に流れている。

②タンクに溜まっている水が、排水弁の劣化により便器内へ抜け出てしまっている。

排水弁とは、タンク内の底にある部品で、レバーと連動して「タンクの水を流す・止める」役割をしている部分です。劣化する事により、水を溜めておく事が出来ず、便器に流れ出てしまいます。

修理部品: ボールタップ・排水弁

TOTO 立形ロータンク用ボールタップ HH06005RZ

TOTO SH681BA(SH680BA)トイレタンク内 水漏れ修理方法(ボールタップ・排水弁交換)

TOTO 排水弁  HH08008Z

TOTO SH681BA(SH680BA)トイレタンク内 水漏れ修理方法(ボールタップ・排水弁交換)

交換手順

交換手順は、こちらの記事をご参照ください。ほぼ、同様の手順となります。

TOTO SH681BA(SH680BA)トイレタンク内 水漏れ修理方法(ボールタップ・排水弁交換)
TOTO SH681BA(SH680BA)トイレタンク内 水漏れ修理方法(ボールタップ・排水弁交換)

まとめ

水漏れの原因として、ボールタップ・排水弁のどちらかだけの劣化の場合がほとんどですが、長年使用しているトイレの場合は、基本的には、両方(ボールタップ・排水弁)の交換を行った方が良いです。

どちらか片方でも正常に作動しなければ、同じ様に水漏れは発生します。

トイレのタンクの漏水は、症状が軽いうちは、なかなか気が付きません。

漏水による水道料金の高騰は意外に大きくなります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次