MENU

TOTO TM245C 壁付サーモシャワー水栓 水漏れ・サーモスタット故障(修理部品供給終了) → 水栓本体交換方法

目次

TOTO TM245C 壁付サーモシャワー水栓 水漏れ・サーモスタット故障(修理部品供給終了) → 水栓本体交換方法 

TOTO 壁付サーモシャワー水栓  TM245C(1985-1994年

TOTO TM245C 壁付サーモシャワー水栓 水漏れ・サーモスタット故障(修理部品供給終了) → 水栓本体交換方法
TOTO  壁付サーモシャワー水栓 TM245C (1985-1994年)

症状

温度調整(サーモスタット)が効かない。(ずっとお湯が熱い、ぬるい

シャワーまたは、カランから水がポタポタと止まらない。

TOTO TM245C 壁付サーモシャワー水栓 水漏れ・サーモスタット故障(修理部品供給終了) → 水栓本体交換方法

原因 (修理部品は生産終了)

<水がポタポタと止まらない>

本体正面の切替ハンドル内切替バルブ部の消耗が原因となります。

<温度調整が出来ない>

温度調整ハンドル内サーモユニットの故障が原因となります。(給湯設備が原因の場合を除く)

お風呂の水栓(蛇口)からお湯が出ない、ぬるい  原因特定の仕方と改善策

TM245C のストレーナー清掃の仕方 ▼(クリックで開きます)
TOTO TM245C 壁付サーモシャワー水栓 水漏れ・サーモスタット故障(修理部品供給終了) → 水栓本体交換方法

取付脚の上部にあります。

分解するには、水栓ドライバーが必要です。

①取付脚の止水栓を閉める。

②水栓ドライバーを使い、ストレーナーキャップを回す。

固くて回らない場合は、水栓ドライバーにモンキレンチなどをかけて回します。

➂ストレーナーを取出し、清掃する。

ストレーナーを歯ブラシなどで清掃します。

TOTO TM245C 壁付サーモシャワー水栓 水漏れ・サーモスタット故障(修理部品供給終了) → 水栓本体交換方法

こちらの水栓は、30年近く前の製品となり、メーカーの修理部品は生産終了しています

どちらも原因となる内部部品が残っていない為、水栓本体の交換を行います。

取替え用水栓 (後継品) TOTO 壁付サーモシャワー水栓 TBV03401J

TOTO 壁付サーモシャワー水栓 TBV03401J

ご自身での取替えが不安な方は、工事費込みセットをお勧めします。

交換手順

交換方法は下記のリンク先をご参照ください。

持出し(ザルボ)が外れる。
TOTO TM245C 壁付サーモシャワー水栓 水漏れ・サーモスタット故障(修理部品供給終了) → 水栓本体交換方法
TOTO TM245C 壁付サーモシャワー水栓 水漏れ・サーモスタット故障(修理部品供給終了) → 水栓本体交換方法
取付完了

作業完了

DIYでの取替えが不安な方へおすすめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次