MENU

TOTO TMF40CX(補修部品供給終了品) 浴室 壁付サーモ・シャワー水栓 水漏れ・温度調節不具合 → 水栓本体交換方法 

目次

TOTO TMF40CX(補修部品供給終了品) 浴室 壁付サーモ・シャワー水栓 水漏れ・温度調節不具合 → 水栓本体交換方法 

TOTO 壁付サーモ・シャワー水栓 TMF40CX(1994-1999年)

TOTO TMF40CX(補修部品供給終了品) 浴室 壁付サーモ・シャワー水栓 水漏れ・温度調節不具合 → 水栓本体交換方法 

症状:水がポタポタと止まらない。温度調節が効かない。

本体右側の切替ハンドル「止水」位置に合わせても、シャワーまたは、カランから水がポタポタと止まらない状態です。

本体左側の温調ハンドルを操作しても、湯の温度が変わらず、ずっと温い・ずっと熱い状態が続いていしまう。

原因:水栓内部の部品 開閉バルブ部・温度調節(サーモ)ユニットの消耗

切替ハンドルで水が止まらない場合

本体内部にある「開閉バルブ部」の消耗が原因となります。

温度調節が効かない場合

お風呂の水栓(蛇口)からお湯が出ない、ぬるい  原因特定の仕方と改善策

本体内部にある「温度調節ユニット」の消耗が原因となります。

TMF40CX は、修理部品の供給が終了している為、水栓本体の交換が必要

TOTO TMF40CXは、水栓本体の製造時期が、1994-1999年の製品で、本体の生産終了から20年以上が経過しています。

製造メーカーのTOTOでは、すでに補修部品の供給が終了している為、実質修理は出来ない事になります。

代替水栓(後継品) TOTO TBV03401J

TOTO 壁付サーモ・シャワー水栓  TBV03401J

DIYでの取替えが不安な方

TOTO TBV03401J 工事費込みセット(商品+基本工事)

水栓本体交換手順

水栓本体の交換方法はリンク先をご参照ください

あわせて読みたい
壁付混合水栓 取替え方法(自分で・水廻りDIY) シールテープ巻き方・巻き数等 【壁付混合水栓 取替え方法(自分で・水廻りDIY) シールテープ巻き方・巻き数等】 壁付混合水栓とは まず、「混合水栓」というものは、水と湯を混合して出せる水栓の...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次