MENU

TOTO TUM40B2B ユニットバス用サーモシャワー水栓 水漏れ修理方法 (開閉バルブ交換手順)※TMGG40型も対象

目次

TOTO TUM40B2B ユニットバス用サーモシャワー水栓 水漏れ修理方法 (開閉バルブ交換手順)※TMGG40型も対象

TOTOのユニットバス(サザナ等)に使用されている水栓です。

TOTO 壁付サーモ水栓 TUM40B2B (2012-2015年)

TOTO TUM40B2B ユニットバス用サーモシャワー水栓 水漏れ修理方法 (開閉バルブ交換手順)※TMGG40型も対象

水栓本体部分は、TOTO 壁付サーモシャワー水栓 TMGG40型 とほぼ同じ(吐水長さ等異なる。)で、シャワーは組み合わせによってかわります。

症状:水がポタポタと止まらない

・切替ハンドル部を止水位置に合わせても、水がポタポタと止まらない。

・切替ハンドルを操作しても、切り替わり音(カチッという音)が鳴らない。

本体右の切替ハンドル止水位置に合わせても、水がしっかりと止まらないという状態です。

症状の出始めなので、数秒に一度、水がポタっと落ちる程度ですが、徐々にひどくなっていきます。

また、シャワー・止水・カランの切替えの際の「カチッ」という音・感触がありません。

原因:水栓本体 内部部品の消耗

「水がしっかりと止まらない」

水栓内部の開閉バルブ部の消耗が原因となります。

使用頻度や、水質環境などによって異なりますが、早ければ使用年数7年あたりから症状が現れます。

「切替ハンドルの音が鳴らない」

水栓内部のスペーサーバネ部分(金属の箇所)の破損が原因です。

水が止まらない症状と合わせて起こる事が多いので、開閉バルブ部の交換を行う時は、一緒に交換する事をお勧めします。

取替用部品 開閉バルブ部・スペーサー

TOTO 開閉バルブ部 TH577

    スペーサー THA1-6

TOTO 開閉バルブ部 TH577、スペーサー THA1-6

補足:その他修理用部品  温度調節ユニット

温度調節が上手く出来ない場合(熱い・ぬるい)

TOTO  温度調節ユニット TH576-4S

交換手順

交換手順は、リンク先をご参照ください。TOTO TMGG40型とほぼ同様の手順となります。

あわせて読みたい
TOTO 壁付サーモシャワー水栓 TMGG40E 水漏れ修理 開閉バルブ部の交換方法 【TOTO 壁付サーモシャワー水栓 TMGG40E 水漏れ修理 開閉バルブ部の交換方法】 TOTO 壁付サーモシャワー水栓 TMGG40E(2012年~) 【症状:シャワーまたはカランから、水...

TUM40B2Bの止水位置は、下の画像部分です。

作業完了

水栓本体を交換する場合

こちらの水栓本体は、ユニットバス専用の水栓となります。通常の壁付水栓本体への交換は出来ませんので、本体取替用の専用水栓が必要となります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次