MENU

【放置してはいけない】キッチン 台付1穴シングルレバー水栓のぐらつき 原因・修理方法 

目次

【放置してはいけない】キッチン 台付1穴シングルレバー水栓のぐらつき 原因・修理方法 

【放置してはいけない】キッチン 台付1穴シングルレバー水栓のぐらつき 原因・修理方法 

キッチンのシングルレバー水栓がぐらぐらしている動いてしまう回ってしまう

こんな状態はありませんか?

「水は出るし、使えない事は無いから」と、この状態を決して放置してはいけません。

放置してはいけない理由と、原因、修理方法を解説していきたいと思います。

ぐらぐらしているシングルレバー水栓を放置してはいけない3つの理由

1.軽度のぐらぐらが、放置する事でどんどん酷くなる

 最初の内は、少し動く程度ですが、使い続ける事で少しづつ、ぐらつきが酷くなっていきます。

 一度ぐらつき始めた水栓は、悪くなる事はあっても、良くなる事はありません。

2.ぐらつきによって、水栓の破損や水漏れが発生する可能性がある。

水栓がぐらつき、動くことによって、水栓下の給水管・給水ホース等に負荷がかかり、破損や緩み、さらに進むと水漏れが起こる可能性があります。

3.水栓と天板に隙間が出来る為、水が浸入してしまう。

水栓本体は、キッチンの天板に開いた穴を貫通して取付けられています。本体がぐらつくという事は、天板と水栓本体との間に隙間が生じ、天板の水栓回りにかかった水が浸入してしまう事になります。

キッチン天板の裏側は、木製の板にて補強されている事が多いため、浸水した水によって、木製の補強版が腐ってしまう事につながります。

この補強板が腐り出してしまうと、簡単な修理では済まなくなってしまいます。通常の修理に加えて、補強版の補修もしなければなりません。

シングルレバー水栓がぐらつく原因、水栓の固定の仕組み

通常、水栓金具の固定は、キッチンなどの天板に挟み込む事で押さえられています。

しかし、レバーの上げ下げ、吐水パイプの左右の首振りなど、使用していくうちに水栓に負荷がかかり、固定ネジの緩みや、天板と水栓との隙間の防水パッキンなどの痩せなどを引き起こし、本体自体の緩みが生じます。

水栓の固定方式は2つです。(名称は正式なものではありません。)

ナット締め込み式

水栓本体の下にネジが切ってあり、天板の裏側からナットで締め付ける事で、本体が固定されています。

旧式の水栓に多く、TOTO、LIXIL等の大手メーカーのキッチン水栓では、現在、この方式はほとんど使われていません。

固定ナットが緩んだり、天板裏の補強版が凹んだりすることで、挟み込み圧が弱くなり、ぐらつきにつながります。

「上面施工式」 

ナット締め込み式でない場合、こちらの方式がとられています。

上面施工というのは、水栓本体の取付時の施工方法で、ナット締め込みが天板の裏(下面)での施工に対して、天板上から水栓の固定作業が出来るという施工方法になります。

先にキッチン天板に、固定金具(アダプター)を取付け、固定金具に水栓本体を取付けるという方法です。この施工方法が採用される様になってから、水栓の取付作業がとても楽になりました。

こちらも、固定金具のボルトが緩んだり、天板裏の補強版が凹んだりすることで、挟み込み圧が弱くなり、ぐらつきにつながります。

修理方法

基本は、固定が緩くなった分、ナット、ボルト等を増し締めをすれば良いのですが、専用工具が必要だったり、水栓の分解が必要になったりと、簡単にはいきません。

ぐらつきの修理方法は、水栓の固定方式によって変わります。

「ナット締め込み式」の場合

天板裏から、固定ナットの締め込みを行います。

狭い箇所がほとんどなので、普通の工具は入らず(入っても回せない)、専用の工具が必要となります。

ナットのサイズも水栓メーカー、型式によって異なりますので、適切なものを準備する事は難しいです。(13.18.37.38.46.47㎜等)

KVK社のこのタイプは工具不要です。(レバーを使い、このまま締める事ができます。)↓

プロの水道業者は、各サイズ対応できる工具を常備しています。(少しの使用で使うには高額な工具です

「上面施工式」の場合

固定金具(アダプター)のボルトを締め直す必要があります。

水栓本体を、固定金具(アダプター)から引き上げ、アダプターのボルトを締め込みます。(六角、またはプラスネジ)

給水ホースの長さに余裕がない場合、水栓本体が十分に持ち上がらない事があります。その場合、給水ホースの取り外しまで必要になります。

取付方法の記事ですが、参考になるかと思います。

あわせて読みたい
TOTO 台付シングルレバー混合水栓 取付方法 (画像付き解説) 【対象品番  TKS05302J 、 TKS05301J 、 TKS05303J 、 TKS05304J 、TKS05307J】 基本的な取付条件 取付穴は、直径 37 ± 2mm (35~39mm) 天板の厚さ 6~30m...

補強板が腐食してしまっている場合

補強板が腐食してしまっている場合は、補強板の交換(補修)が必要です。

あわせて読みたい
キッチン水栓 天板裏の補強板の腐食 交換(補修)方法 【キッチン水栓 天板裏の補強板の腐食 交換(補修)方法】 https://ums00.com/%e3%80%90%e6%94%be%e7%bd%ae%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%af%e3%81%84%e3%81%91%e3%81%aa%...

まとめ

水栓本体の緩み・ぐらつきに気づいたら、早めに手を打ちましょう。

プロに頼んでも、早い段階なら大きな工事にはなりません。

放置する事での、2次的な水漏れなどによって、他の箇所に被害が及ぶ事があります。

例:水栓と天板の隙間から水が浸入し、補強板が腐る、キッチンの収納内の板が腐る、床のフローリングが腐る。

また、水栓本体が古い場合(10年以上使用)は、総合的に見て、水栓本体の交換を考えた方が良いかもしれません。

あわせて読みたい
TOTO 台付シングルレバー水栓 TKG31UPX 水漏れ修理 水栓本体交換方法(修理部品も記載有り) 【TOTO 台付シングルレバー水栓 TKG31UPX 水漏れ修理 水栓本体交換方法(修理部品も記載有り)】 TOTO 台付シングルレバー水栓 TKG31UPX(1997-2005年) TOTO 台付シング...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次