MENU

スパウト部交換作業手順 TOTO TKJ33URX 台付2穴シングルレバー水栓 

目次

スパウト交換作業手順 TOTO TKJ33URX 台付2穴シングルレバー水栓

TOTO 台付2穴シングルレバー水栓 TKJ33URX(2000-2005年)

スパウト部交換作業手順 TOTO TKJ33URX 台付2穴シングルレバー水栓 

必要部材: スパウト部、シリコングリス

TOTO スパウト部 TH5C0022

<必須> TOTO シリコングリス TH784

作業手順

①水・湯を止める。

止水栓、または水道メーターなどで、湯・水を止水します。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

確実に止まった事を確認しましょう。(作業途中で水が吹き出します)

②レバーハンドルの取り外し

レバーハンドルは、真上に引き抜く事で取り外しが出来ます。(少し固い場合有り)

➂カートリッジ押えの取り外し

樹脂のストッパー(白)を取り外します。

続いて、上部のカートリッジ押えを反時計回りに回し、取り外します。

カートリッジ押えには工具をかける所はありません。

基本、手でも回せますが、固着している場合は、プライヤーなどで挟んで回してください。

古いスパウト部の取り外し

スパウト部は左右に振りながら、真上に引き抜くことで徐々に抜けていきます。

スパウト部交換作業手順 TOTO TKJ33URX 台付2穴シングルレバー水栓 

⑤古いパッキンの取り外し

本体の2箇所の溝にパッキンが入っています。先端の細い工具などで引っかけ、パッキンを取り外します。

取り外し後は、本体の水アカや汚れなどを、ある程度きれいにしましょう。

ここから、新しいスパウト部の取付

⑥断熱キャップの付け替え

スパウト先端の断熱キャップは、再利用します。

下面の穴にツメがありますので、工具などで押し込みながら断熱キャップを抜き取ります。

スパウト部に付属しているパッキンを交換し、新しいスパウト部の先端に差し込みます。

この時に、パッキン周りにシリコングリスを塗布します。

シリコングリス無しですと、差し込み時に入りづらかったり、パッキンに傷が付き、水漏れの原因になります。

⑦水栓本体に新しいパッキンを取付ける

水栓本体に、スパウトに付属しているパッキン(2個)を取付けます。

古いパッキンと形状が変わり、上下の向きは特に有りません。

本体の凹凸に引っ掛かり、パッキンに傷が付かない様に広げながら本体に通していきます。

⑧本体に新しいスパウト部を取付ける

パッキン周りにシリコングリスを塗布し、指で一周まわるように広げます。

新しいスパウト部を、取り外し時と同じ様に、左右に振りながら垂直に降ろしていきます。

この時に、少しでも引っ掛かるようでしたら、無理をせず、一度戻し、差し込みなおします。

上手くいかない場合は、シリコングリスを再度塗布しましょう。

⑨カートリッジ押え、レバーハンドルの取付。

カートリッジ押えレバーハンドルを取り外しと逆の手順で取付けます。

レバーハンドルは新しい物に交換しています。

レバーハンドルは、上からパチッと音がするまで差し込みます。

止水栓を開けて、水漏れ・動作確認。 作業完了

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次