MENU

MYM FM737 台所 シングルレバー水栓(タカラスタンダードキッチンに使用) 水漏れ  水栓本体交換手順 ※補足 修理部品の記載有り

目次

MYM FM737 台所 シングルレバー水栓(タカラスタンダードキッチンに使用) 水漏れ  水栓本体交換手順 ※補足 修理部品の記載有り

MYM 台付シングルレバー水栓 FM737 (~1997年)

※システムキッチン タラカスタンダード社製

MYM FM737 台所 シングルレバー水栓(タカラスタンダードキッチンに使用) 水漏れ  水栓本体交換手順 ※補足 修理部品の記載有り

症状:レバーを上げても水が止まらない。本体から水漏れがする。

レバーを止水方向に操作しても、水が止まらない

こちらの水栓は現在、主流となっている「上げ吐水」※レバーを上げると水が出る。ではなく「下げ吐水」タイプの水栓になっています。

水を出すと、本体の吐水パイプ継ぎ目部分から水漏れする

水を出していると、水栓本体の吐水パイプの継ぎ目部分から、水漏れがして、天板廻りに水溜まりが出来る状態です。

原因:水栓本体内部のカートリッジの消耗、吐水パイプ・パッキンの消耗

レバーを止水方向に操作しても、水が止まらない場合

レバーを止水方向に操作をしても水が止まらない場合は、本体内部のバルブカートリッジと呼ばれる部品の消耗が原因です。

本体の吐水パイプ継ぎ目部分から水漏れする場合

吐水パイプの継ぎ目から水漏れがする原因は、継ぎ目部分に使用されているパッキンの劣化、および吐水パイプの金属部分の摩耗が原因として考えられます。

今回、水栓本体の使用年数が20年以上経っている為、総合的に判断し、水栓本体の交換を行います。

<補足>修理用部品:セラミックカートリッジ、OVパッキン、吐水パイプ組

MYM社は、2008年に事業撤退(倒産)していますが、KVK社が修理部品の生産を引き継いでいます。

<要確認>部品交換による修理を考える前に

こちらの水栓のレバーハンドルは、分解する際に固定ビスが外れない事があります。

ビスが固着している事が多く、本体の後ろのスペースが無い為、力もかけ難いので、取り外しが困難なケースがあります。

このビスが外れないと、水栓の分解が出来ないので、ビスが取り外せるかどうかを確認して、部品を手配するようにしましょう

但し、水栓本体も20年以上前の製品です。基本的には、修理よりも本体の交換をお勧めします

レバーを上げても水が止まらない場合

KVK セラミックカートリッジ KPS077S

本体の吐水パイプ継ぎ目(稼働部)から水漏れする場合

KVK OVパッキン KPS331

KVK 吐水パイプ組 KPP450DW

取替え用水栓  TOTO TKS05302J

TOTO 台付シングルレバー水栓  TKS05302J

DIYでの取替えが不安な方へおすすめ

TOTO TKS05302J 工事費込みセット(商品+基本工事)

水栓本体交換手順

<必要工具>

・モンキーレンチ 2本

・ウォーターポンププライヤー

・台付き水栓レンチ(ナット対辺38mm用)

既存の水栓 FM737の取り外し方

STEP
水・湯を止める。

水栓本体の下(天板の下)に水栓からつながる止水栓があります。左右共に締め、水・湯を止めます。

STEP
逆止弁付ソケットの取り外し。

水栓の銅管と、止水栓を繋ぐ部分に逆止弁付ソケットがあります。ナットが2箇所ありますので、画像の①→②の順番に緩め、取り外します。

①のナットは中間部分をもう一つの工具で固定して、回します。

続いて②のナットを緩めます。

残った①のナットも取り外しますが、内部のロックリングを先に抜き取らなければ、ナットは外れません。

STEP
水栓本体の取り外し。

水栓本体天板から取り外す為に、天板裏の固定ナットの取り外しをします。

狭い場所になるので、このナットを取り外す為には、下の画像の様な特殊工具が必要です。

固定ナット 対辺38㎜ 

KVK 台付水栓レンチ KPS955

特殊工具を使用し、固定ナットを緩め取り外します。

ナットは回し始めが一番固く、緩んでしまえば手でも回す事が出来ます。

固定ナットが外れたら、天板上から水栓本体を引き抜きましょう。

ここから、新しい水栓(TOTO TKS05302J)の取付方法

新しい水栓の取付方法は、リンク先をご参照ください。

取替え完了

DIYでの取替えが不安な方へおすすめ

TOTO TKS05302J 工事費込みセット(商品+基本工事)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次