MENU

INAX BF-4145T サーモスタット付シャワーバス水栓 温度調節が効かない場合 温度制御部交換方法

目次

INAX BF-4145T サーモスタット付シャワーバス水栓 温度調節が効かない場合 温度制御部交換方法

INAX サーモスタット付シャワーバス水栓 BF-4145T(1994-2000年)

INAX BF-4145T サーモスタット付シャワーバス水栓 温度調節が効かない場合 温度制御部交換方法

症状:温度調節ハンドルを回しても、温度が変わらない

本体右側にある温調ハンドルを操作しても、温度が変わらない状態です。(ずっと冷たい・ずっと熱い)

INAX BF-4145T サーモスタット付シャワーバス水栓 温度調節が効かない場合 温度制御部交換方法

<注意>給湯設備(ガス給湯器、エコキュートなど)の故障の可能性もあるので、事前に確認しましょう。

お風呂の水栓(蛇口)からお湯が出ない、ぬるい  原因特定の仕方と改善策

原因:本体内部の温度制御部の故障

本体内部に、湯水の温度調節をする、「温度制御部(サーモスタット)」と呼ばれる部品があり、経年劣化により、温度調節が上手く出来なくなってきます。

取替用部品 温度制御部 LIXIL A-1832

LIXIL 温度制御部 Aー1832

取替え手順

使用工具

・マイナスドライバー

・プラスドライバー

・水栓ドライバー

・モンキーレンチ 

・ウォーターポンププライヤー

・温度計 ※調理用などで可

<場合によって使用>

・モーターレンチ

手順

STEP
水・湯を止める

水栓取付脚部止水栓マイナスドライバーで締め、水・湯側共に止水します。

止まった事をしっかりと確認しましょう。

STEP
制御部押えの取り外し

水栓ドライバーを使用し、制御部押えを回して取り外します。

INAX BF-4145T サーモスタット付シャワーバス水栓 温度調節が効かない場合 温度制御部交換方法

固くて回らない事がほとんどです。水栓ドライバーモンキーレンチなどをかけて、回すようにしましょう。

STEP
温度制御部の取り外し

温度制御部を抜き取ります。

ウォーターポンププライヤーなどで、掴んで引っ張り出しますが、固着していて、尚且つ工具がかかる箇所も特にない為、抜き取れない場合があります。

INAX BF-4145T サーモスタット付シャワーバス水栓 温度調節が効かない場合 温度制御部交換方法

温度制御部が外れない場合は、STEP4・5・6に進みましょう。外れた場合は、STEP7へ

STEP
温調ハンドルの取り外し

温調ハンドルのキャップを取外し、内部の止めネジを緩めます。

止めネジを取外し後、ハンドルを真横に抜き取りましょう。

STEP
ブッシュ・ストップリングを取り外す。

ブッシュ(白)を抜き取り、ストップリング(赤)は、上部の切り欠き部分に先端の細い工具などを引っかけて取り外します。

STEP
温調スピンドル部の取り外し

温調スピンドル部工具を使用して回し、取り外します。(※工具をかける箇所があります。)

こちらの部分も、水垢で固着している為、固くて回らない場合があります。

力をかける場合は、水栓本体を別の工具(モーターレンチなど)でしっかりと固定し、配管などに負荷がかからない様に注意してください。

<トラブル事例>壁内水道管折れる 壁付水栓取替え作業のトラブル

温調スピンドル部を抜き取り後、内部に温度制御部の反対側部分が見えます。工具などで押し込み、逆側から抜き取りましょう。

INAX BF-4145T サーモスタット付シャワーバス水栓 温度調節が効かない場合 温度制御部交換方法
STEP
取替え部品の交換

必要部品を新しいものと入れ替えましょう。 

STEP
各部品の再取付、温度調節作業

取外し時に解体した部品を、逆の手順で復旧します。

給湯温度と、温調ハンドルの目盛り位置が合う様に、温度調節を行います。

40℃のお湯が出ている状態で、温調ハンドルが40℃になる向きに取り付ける。

修理完了

水栓本体を交換する場合の後継品

LIXIL 壁付サーモ バスシャワー水栓 BF-KA145TSG

ご自身での取替が不安な方へおすすめ

LIXIL BF-KA145TSG 工事費込みセット(商品+基本工事)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次