MENU

INAX DT-680S(DT-650S) トイレロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)※他、修理部品の記載有り

目次

INAX DT-680S(DT-650S) トイレロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)※他、修理部品の記載有り

INAX ベーシア 手洗い付ロータンク DT-680S(1994-1998年)

※便器部 BC-600S

INAX DT-680S(DT-650S) トイレロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)※他、修理部品の記載有り

DT-650S 手洗い無し も対象

症状:タンク内の水が止まらない。便器へ水が流れ続けている。

タンクの水がずっと止まらずに、水の流れる音がしています。そして同様に、便器内へ水がチョロチョロと流れ続けています。

原因:ロータンク内の部品の劣化(ボールタップ・フロートゴム玉)

タンク内の水が止まらない原因は、主に2つです。

1.ボールタップの劣化

タンク内への給水・止水を行う部品が「ボールタップ」です。

正常な状態では、タンク内の水位によって、浮き玉が上下し、水が溜まれば(上がる)止まる・水が無くなれば(下がる)給水をする。を繰り返すのですが、経年劣化により、水を止める事が出来なくなってきます。

2.フロートゴム玉の劣化

タンクの底に見える黒いゴムの玉が「フロートゴム玉」です。

タンク内に給水された水を「溜めておく」、便器洗浄する為に溜まった「水を流す」を行います。

ゴム玉が劣化すれば、タンク内の水は抜けていきます。また、鎖が切れれば、洗浄レバーを操作しても、フロートゴム玉は持ち上がらず、水が流せなくなります。

また、このゴム玉との設置面と、立ち上がった筒(オーバーフロー管)、ゴム玉を全て含めて「フロート弁」と呼びます。

取替用部品 ボールタップ・フロートゴム玉

LIXIL(旧 INAX) マルチボールタップ  TF-20B

DT-650S(手洗い無し)もこちらのボールタップです。※組み換えの必要有り

LIXIL  フロートゴム玉 TF-10R-L

補足:その他修理部品 (レバーハンドル・フロート弁)※フロート弁は2種類有ります

レバーハンドルが破損した場合

LIXIL マルチ洗浄ハンドル TF-10A

フロート弁が破損した場合

DT-680Sフロート弁は2種類あります。生産時期で形状が違います。

下の2つから形状が同じ物を選んでください。

LIXIL フロート弁 TF-889C 

LIXIL フロート弁 TF-2820C

修理部品交換手順(ボールタップ・フロートゴム玉)

①水を止

止水栓をマイナスドライバーで締め(時計回りで止水)、水を止めます。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

②ボールタップの取り外し

まず、ボールタップ給水管の接続部分のナットを工具を使い緩めます。

続いて、ボールタップタンクに固定しているナット部分を緩め、ボールタップをタンク内側へ抜き取ります。

➂フロートゴム玉の取り外し

レバーハンドルに繋がる鎖をフック部分から取り外します。

続いてフロートゴム玉を外しますが、オーバーフロー管リングがある為、真上には抜き取れません。

リングを避けて、斜めに抜き取りましょう。ゴム玉の下にはガイドバーがありますので、多少強引に引き抜きます。

④新しいフロートゴム玉の取付

取り外しと逆の手順で、新しいフロートゴム玉を取付けます。

ガイドバーは確実に中心の穴に差し込んで下さい。

鎖をレバーハンドルに取付けますが、鎖の張り具合は、張り過ぎず、若干の弛みをもたせます。

⑤新しいボールタップの固定・給水管の接続

新しいボールタップをタンクに取付けます。

給水管との接続部分には付属のストレーナーパッキンを入れます

給水管フクロナットの締付時に、ボールタップ本体が回転して斜めになってしまう事があります。

ボールタップを手で固定しながら、ナットを締め付けてください。

⑥補給水をオーバーフロー管に接続する

補給水管(黒のゴムホース)オーバーフロー管に接続します。ゴムホースは長いので、カットして下さい

補給水管の根本部分のダイヤルが「1」になっている事を確認します。

⑦止水栓を開けて給水、水量調整

止水栓を開けて、タンクに給水をします。この時に手洗い管(ジャバラホース)から水が出ますので、手で持ち、タンク内に向けておきます。

水がどの位の水位で完全に止まるのかを確認します。

オーバーフロー管「W.L」が基準水位です。※W.L=ウォーターライン

止水の水位は、ボールタップ浮きの上のネジで調整ができます。

時計回り = 止水水位が上がる

反時計周り = 止水水位が下がる

⑧タンクフタの取付。水漏れ確認。

タンクフタ側に手洗い管を接続し、タンクのフタを閉じます。

手洗い管のホースは若干長いので、フタを閉める際に、ボールタップの浮きに当たらない様に向きを調整しましょう。

手洗いの水が出る事給水管付近に水漏れが無い事を確認します。

作業完了です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次