INAX DT-811 手洗い付ロータンク <水が止まらない、便器に水が流れ続ける> 修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
目次

INAX DT-811 手洗い付ロータンク <水が止まらない、便器に水が流れ続ける> 修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)

INAX 手洗い付ロータンク DT-811(1979-2002年)

INAX DT-811 手洗い付ロータンク <水が止まらない、便器に水が流れ続ける> 修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)

手洗い無しロータンク INAX DT-511も対象

INAX 手洗い無ロータンク DT-511(1979-1983年) も同様です。

症状:ロータンク内の水が止まらない。便器内に水がずっと流れている。

INAX DT-811 手洗い付ロータンク <水が止まらない、便器に水が流れ続ける> 修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)

ロータンクの中の水がチョロチョロと音を立てて、流れ続けています。

また、便器の水溜まりにみ水が流れ込んで、波打っている状況です。

補足:洗浄レバーが破損した場合

洗浄レバーが折れた場合の修理方法はこちら

原因:ロータンク内部のボールタップ・フロートゴム玉の消耗

INAX DT-811 手洗い付ロータンク <水が止まらない、便器に水が流れ続ける> 修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)

ロータンクの水が止まらなくなる原因は、タンク内部の部品(ボールタップ・フロートゴム玉)の消耗です。

ボールタップ

タンクの水位によってボールタップの浮きが上下し、水が溜まって水位が上がると給水が止まる。水が減って水位が下がると給水が始まる。これにより、自動的にタンクの給水の開閉がされることになります。

ボールタップの消耗により、タンク内の水が満水になっても水が止まらない状態になります。

フロート弁(排水弁)

タンクの底面にある部品で、レバーハンドルの操作により、弁の開閉が行われる。閉止時は、タンク内の水を溜めておく役割があります。

また、フロート弁のゴム玉の劣化によって、タンク内の水が便器側へ抜けていってしまいます。

これにより、タンク内の水位が下がれば給水が自動的に始まる為、水が流れ続ける原因となります。

ボールタップ・フロートゴム玉セットで取替えが基本です。

取替用部品:ボールタップ、フロートゴム玉

INAX = LIXIL 

LIXIL マルチボールタップ TF-20B

LIXIL フロートゴム玉  TF-10R-L

その他、修理部品:取替用レバーハンドル

LIXIL マルチ洗浄ハンドル  TF-10A

ボールタップ・フロートゴム玉 取替方法

必要工具

・マイナスドライバー

・モンキーレンチ

・ゴム手袋

取替え手順

STEP
水を止めて、タンク内の水を空にする。

止水栓を閉め、水を止めます。

水を止めたら、洗浄レバーを操作し、タンク内の水が空にします。

STEP
ボールタップの取り外し。

タンクに繋がる給水管のフクロナット工具を使って取り外します。

残り水が出ますので、タオル水受け容器などを準備しましょう。

続いて、固定ナットを取外し、タンクの内側からボールタップを抜き取ります。

STEP
フロートゴム玉の取り外し。

洗浄レバーからを取り外します。

フロートゴム玉を、フロート弁ガイドリングを避けながら、斜めに抜き取ります。

作業時は、ゴム手袋を着用しましょう。ゴム部分が溶けだしている為、手が真っ黒になります。

STEP
新しいフロートゴム玉の取付。

新しいフロートゴム玉を、取外しと逆の手順で取付けます。

INAX DT-811 手洗い付ロータンク <水が止まらない、便器に水が流れ続ける> 修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)

鎖は、張り過ぎないように若干のたるみを持たせて、洗浄レバーに接続します。

STEP
タンクに新しいボールタップを取付ける。

新しいボールタップロータンクに固定します。

INAX DT-811 手洗い付ロータンク <水が止まらない、便器に水が流れ続ける> 修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)

給水管との接続部には、付属のストレーナー付パッキンを入れましょう。

ボールタップは垂直に取付ける事

INAX DT-811 手洗い付ロータンク <水が止まらない、便器に水が流れ続ける> 修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)

斜めに取付けられると、浮き玉が他の部分に干渉し、正常に作動しない原因となります。

手洗い無し(DT-511)の場合 手洗い管の取り外しが必要です。(クリックで開く)

①クリップを抜き、手洗い接続管を取り外す。

②キャップ(付属品)の取付。

STEP
補給水管の接続。
INAX DT-811 手洗い付ロータンク <水が止まらない、便器に水が流れ続ける> 修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)

ボールタップの補給水管(黒いゴムホース)を、オーバーフロー管内へ差し込みます。

補給水管の根本部分のダイヤルの数字が「1」になっている事を確認。

「1」=補給水管から水が出る。

「0」=補給水管から水は出ない。

DT-811は、補給水が必要な洗浄方式(サイホン式・サイホンゼット式)になります。

こちらを正しく行わないと、便器洗浄後に便器内の水溜まりの水位が低くなってしまいます。

STEP
タンクに給水する。止水位の調節。

止水栓を開け、タンクに給水をします。

この時に、手洗い連結管(ジャバラ管)からも水が出てくる為、手で持ち、先端をタンク内へ向けておきましょう。

止水位(水が止まる水位)の調節をします。

オーバーフロー管「W.L」の位置がこのタンクの正常な止水位になりますので、ここで止まる様に調節を行います。

INAX DT-811 手洗い付ロータンク <水が止まらない、便器に水が流れ続ける> 修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)

ボールタップの浮き玉の上部のネジマイナスドライバーで回し調節します。

水位を上げる → 右回し

水位を下げる → 左回し

INAX DT-811 手洗い付ロータンク <水が止まらない、便器に水が流れ続ける> 修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)
STEP
タンクの蓋を取付ける。完成。

手洗い連結管を、確実に手洗い管に接続し、タンクの蓋を閉じます。

取替用部品:ボールタップ、フロートゴム玉

LIXIL マルチボールタップ TF-20B

LIXIL フロートゴム玉  TF-10R-L

その他、修理部品:取替用レバーハンドル

LIXIL マルチ洗浄ハンドル  TF-10A

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次