MENU

INAX SF-36T-MB 洗面サーモ付洗髪シャワー水栓(クリナップ洗面台) 水漏れ・温度調節不良 水栓本体交換方法

目次

INAX SF-36T-MB 洗面サーモ付洗髪シャワー水栓 水漏れ・温度調節不良 水栓本体交換方法

INAX 洗面 サーモスタット付洗髪シャワー水栓 SF-36T-MB(1994年~ )

※クリナップ洗面化粧台 アデーレ 等に使用されている水栓です。

INAX SF-36T-MB 洗面サーモ付洗髪シャワー水栓 水漏れ・温度調節不良 水栓本体交換方法
INAX SF-36T-MB 洗面サーモ付洗髪シャワー水栓 水漏れ・温度調節不良 水栓本体交換方法

症状:開閉ハンドルを締めても水が止まらない。温度調節が効かない

開閉ハンドルをきつく締めても水が止まらない。

温度調節ハンドルを回しても、温度調節が出来ない。(お湯がでない・水が出ない)

 ※給湯器などの不具合が原因の場合をのぞく。

お風呂の水栓(蛇口)からお湯が出ない、ぬるい  原因特定の仕方と改善策

原因:温調制御部の消耗 (修理部品は廃盤)

上記の症状の原因は、本体内部の温調制御部と呼ばれる部品の消耗です

しかし、取替用の温調制御部はすでに廃盤となっている為、修理は不可能となります。

INAX SF-36T-MB の主要な修理部品は廃盤

30年近く前の水栓になる為、修理部品のほとんどが廃盤になっております。

水漏れや、部品の破損などに対応できる部品は残っていないため、故障時には水栓本体の交換が必要となります。

取替用水栓(他社品)  TOTO TLS05301J

TOTO 洗面シングルレバー式洗髪シャワー水栓  TLS05301J

※サーモスタット付ではなく、シングルレバーによる温度調節になります。

取外し時・取付け時 必要専用工具 LIXIL KG-9

LIXIL 締付用L型レンチ KG-9 (ナット対辺38㎜用)

ご自身での取替えが不安な方は、工事費込みセット(商品+基本工事)をお勧めします。

TOTO TLS05301J 工事費込みセット(商品+基本工事)

既存の水栓(INAX SF-36T-MB) の取り外し方法

①水・湯を止める

止水栓を閉め、水・湯が止まった事をしっかりと確認しましょう。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

※こちらの現場は、止水栓の位置が特殊で、フレキ管で延長して繋がれています。

②接続ソケットの取り外し

止水栓に繋がる、接続ソケットを取り外します。

ナットが上下にあります。上→下の順に緩めて取り外しましょう。

水栓本体の給水管に残っているナットは取り外します。

➂シャワーホース接続部・ストッパーの取り外し

水栓本体下にシャワーホースの接続部があります。

クリップリングを抜くと、接続部が下に取り外せます。

シャワーホースの途中にあるストッパーも取り外しておきます。

④水栓本体を天板から取り外す

水栓本体の天板を挟んで裏側に、固定ナットがあります。

こちらは専用工具を使用して緩めます。(ナット対辺38㎜)

INAX SF-36T-MB 洗面サーモ付洗髪シャワー水栓 水漏れ・温度調節不良 水栓本体交換方法

固定ナットを取り外せば、水栓本体・シャワースタンドを天板上から抜き取る事が出来ます。

ここから新しい水栓(TOTO TLS05301J)の取付方法

⑤止水栓に接続ソケットを取付ける

付属品の接続ソケット止水栓に取付けます。

⑥天板に水栓本体を固定する

一度、水栓から固定ナット・ワッシャー・パッキンを取り外します。

水栓本体下のシールを剥がし、天板に差し込みます。

シャワースタンド側  取付向きはありません

レバーハンドル側   取付向きが有りますので、前が正面を向くようにしましょう。

下側から、パッキン・ワッシャー・固定ナットを通し、締付工具(ナット対辺37㎜)ナットを締め込みます。※1mmの差なので、38mm用の締付工具でも締付は出来ます。

⑦シャワーホース・給水ホースの接続

付属のパッキンを準備し、シャワーホースと給水ホースの接続を行います。

シャワーホースの先端は、レバーハンドル側の水栓本体の下に接続します。工具を使用し、確実に締めこみましょう。

給水ホースは、先に取り付けた接続ソケットに接続します。こちらも工具でしっかりと締め込みます。

湯側・水側を間違えないように繋いでください。

止水栓を開けて、水漏れ・動作確認

動作に問題が無いか、水漏れが無いか確認しましょう。

取替え完了

ご自身での取替えが不安な方は、工事費込みセット(商品+基本工事)をお勧めします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次