INAX SF-4450SX【カートリッジ交換】 台付シングルレバー式ハンドシャワー水栓 ※ルーティアシリーズ<水が止まらない>修理方法

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
目次

INAX SF-4450SX【カートリッジ交換】 台付シングルレバー式ハンドシャワー水栓 ※ルーティアシリーズ<水が止まらない>修理方法

INAX 台付シングルレバー式ハンドシャワー水栓 SF-4450SX(1998-2002年)

※ルーティア シリーズ

INAX SF-4450SX 台付シングルレバー式ハンドシャワー水栓 
INAX SF-4450SX 台付シングルレバー式ハンドシャワー水栓
INAX SF-4450SX ハンドシャワー式
INAX SF-4450SX  レバーハンドル形状

仕様違い品も対象:SF-4420SX、SF-4442SX、SF-4430S

<比較表>

品番生産時期水栓タイプ特徴
SF-4420SX1998-2002年台付1ホール標準
SF-4442SX吐水切替シャワー
SF-4450SXハンドシャワー・吐水切替
SF-4430S1994-2003年台付2ホール標準

症状:レバーを下げても水が止まらない。

・レバーハンドルを下げても、水が完全に止まらずにポタポタと漏れ続けてしまう。

・レバーハンドルの動きが重い。固い。

・レバーハンドルの根本辺りから水が漏れ続ける。

INAX SF-4450SX 水が止まらない

原因:水栓本体内部のカートリッジ(シングルレバーヘッドパーツ部)の消耗・破損

シングルレバー式水栓の水が止まらなくなる原因は、本体内部にある「バルブカートリッジ」の消耗・破損が原因です。

LIXIL シングルレバーヘッドパーツ = バルブカートリッジ

使い始めから10年前後で症状が出る事が一般的ですが、どちらかと言えば使用年数よりも使用回数によって寿命が違ってくるものになります。

修理をする為には、水栓内部のバルブカートリッジの交換が必要です。

修理用部品: LIXIL シングルレバーヘッドパーツ部 A-1943-10

LIXIL シングルレバーヘッドパーツ部 A-1943-10

補足:その他修理部品

交換用レバーハンドル

LIXIL レバーハンドル部 A-1875

シャワーホースからの水漏れの場合

修理部品のハンドシャワー部(シャワーホース)は、廃盤となっており代替品もありません。

水栓本体の交換が必要です。後継品・代替品はこちら

バルブカートリッジ(A-1943-10)の交換方法

必要工具

・プラスドライバー

・マイナスドライバー ※止水栓がドライバー式の場合のみ

バルブカートリッジ(A-1943-10)の交換手順

STEP
止水栓を閉める。

キッチン収納内にある、止水栓を閉め、水・湯を止水します。

確実に止まっている事を確認しましょう。水を止めずに行うと、分解時に噴き出します。

STEP
レバーハンドルの取り外し。

レバーハンドルを上げた状態にすると、正面に止めネジの頭が見えます。

プラスドライバーで止めネジを緩め、レバーハンドルを真上に引っ張ることで取り外しできます。

STEP
キャップの取り外し。

キャップを取り外します。

真上に抜くだけですが、水垢などで固着している場合は、左右に回して取り外しましょう。

STEP
カートリッジカバーの取り外し。

3点のネジをプラスドライバーで緩め、カバーを真上に抜き取ります。

STEP
カートリッジを交換する。

カートリッジを新しいものと交換します。

STEP
カートリッジカバー、キャップ、レバーハンドルの取付。

取り外しと逆の手順で、カートリッジカバー・キャップ・レバーハンドルを取り付けなおします。

STEP
止水栓を開けて、動作確認。完了。

作業難易度(5段階)

作業難易度は、「2」です。 

必要工具も少なく、難しい作業もないので、簡単に取替が出来ます。

止水だけは確実に行うようにしましょう。

取替用水栓(後継品・代替品)

LIXIL 台付シングルレバー式ハンドシャワー水栓(ホワイト) SF-HE452SYX

取替工事依頼出来ます。(エリア限定有)

LIXIL SF-HB452SYX(シルバー) 工事費込みセット(商品+基本工事)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次