MENU

INAX(現LIXIL) トイレ 手洗付ロータンク DT-810 水漏れ修理(ボールタップ・フロートゴム玉の交換方法)

目次

INAX トイレ 手洗付ロータンク DT-810 水漏れ修理(ボールタップ・フロートゴム玉の交換方法) 

本体品番

INAX  手洗付ロータンク DT-810 (1982-1998年)

     ※便器 C-18S

INAX(現LIXIL) トイレ 手洗付ロータンク DT-810 水漏れ修理(ボールタップ・フロートゴム玉の交換方法)
INAX 手洗付ロータンク DT-810(1982-1998年)

症状

・タンクの水がチョロチョロと止まらない。

・タンクの中で水が漏れる音がする。

・便器内にずっと水が流れ続けている。

・タンクの中から、大きな異音がする。

ロータンク内への給水が止まらず、流れ続けている(INAX DT-810) 画像のボールタップは、INAX純正品ではない物が取付けられています。

原因

ロータンク内部のボールタップの劣化により、水がしっかりと止まらなくなっています。

以前にも修理された形跡があり、タンク内部の画像のボールタップは、INAXの純正部品では無く、他社のマルチボールタップが使用されていました。数年前に交換したらしいのですが、安価なボールタップは耐久性が弱く、純正部品ほど、年数が持たない事が多いです。

また、タンクに水が溜まり給水が閉止状態に近づくと、大きな異音がする事もあります。

今回、INAX(現LIXIL)の純正のボールタップと、フロートゴム玉の交換を行います。

使用部品

LIXIL マルチボールタップ  TF-20B

     フロートゴム玉(小) TF-10R-S

LIXIL マルチボールタップ TF-20B 、 フロートゴム玉 TF-10R-S

必要工具

・マイナスドライバー

・モンキーレンチ

・ゴム手袋

交換手順

①止水栓で水を止め、タンク内の水を抜く。

止水栓をドライバーなどを使用して、止水して、タンク内の水を抜きます。

(※止水栓の形状は、ご家庭によって異なります。)

②給水管の接続部の取り外し。ボールタップの取り外し。

給水管の接続部分のナットを取り外し、次にボールタップの固定ナットを取り外します。

次にボールタップを取り外す。

➂フロートゴム玉の取り外し。

レバーハンドルに繋がっている鎖を外し、フロートゴム玉を抜き取ります。

※素手で触ると、ゴムが溶けたもので、手が真っ黒になるので、ゴム手袋などを使用しましょう。

④新しいフロートゴム玉の取付

取外しと逆の手順で取付けます。レバーハンドルに付ける鎖の長さに注意しましょう。

⑤新しいボールタップの取付

こちらも取り外しの時と逆手順で取付けます。

但し、多少の調整が必要なので、施工説明書を良く読みましょう。

LIXILのマルチボールタップは、名の通り、LIXILのロータンクの多数品番に対応できます。

しかし、その為には、タンク品番に合わせた、部品の組み換えや調整が必要になってきますので、

間違えの無いように注意しましょう。

例えば、こちらのロータンク(DT-810)の場合、補給水管(黒いゴムホース部分)は必要ない為、余計ない水が流れないように、ダイヤル部分を「0」に切替える必要があります。(出荷時は「1」)

ゴムホースも、他の部品に干渉しない様に、オーバーフロー管(筒状の部分)内に差し込んでおきます。

⑥止水栓を開け、水漏れ確認、水量(止水位置)調整

止水栓を開けて、給水管接続部分で水漏れが無いかを確認。

タンクの止水水位は、ボールタップの浮きの上部で調整出来ます。

⑦作業完了

ボールタップの手洗い管を、タンクふたにしっかり接続し、作業完了。

作業難易度 (5段階)

作業難易度は、「2~3」 です。

施工説明書をしっかりと読んで施工をしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次