MENU

INAX(LIXIL)SF-810S 洗面洗髪シャワー水栓 水漏れ修理方法(バルブカートリッジ交換) 

目次

INAX(LIXIL)SF-810S 洗面洗髪シャワー水栓 水漏れ修理方法(バルブカートリッジ交換) 

INAX(LIXIL) 洗面洗髪シャワー水栓 SF-810S(2007~2013年)

INAX(LIXIL)SF-810S 洗面洗髪シャワー水栓 水漏れ修理方法(バルブカートリッジ交換) 
INAX (LIXIL) 洗面洗髪シャワー水栓 SF-810S

※類似品があります。 SF-810SY(※エコハンドル水栓) ←こちらの場合、内部部品が異なります。

※エコハンドル水栓(レバーハンドルが湯・水の境界部分でカチッと音が鳴る。ハンドルが右側に回らない)

症状:レバーを下げても水が止まらない。

  • レバーを下げても水が止まらない。
  • 吐水口から水がポタポタしている。
  • レバーハンドルがグルグル回ってしまう。

他、シャワーホースからの水漏れ

原因:バルブカートリッジの消耗

レバーによる止水機能が悪くなる原因は、水栓内部のバルブカートリッジの消耗による水漏れです。通常、使用年数7年以降から症状が現れます。(使用頻度等によって変わる)

レバーハンドルが空回りする。通常の稼働範囲よりも左右に回ってしまう場合は、レバーハンドル、又はバルブカートリッジの破損が原因です。

<故障の前兆>シングルレバー水栓の動きが固い・重い、水がポタポタ止まらない その原因と改善方法

シャワーホースからの水漏れは、シャワーホースの劣化が原因となります。(今回は、修理内容にはありません。)

キッチン・洗面台のシャワーホースからの水漏れ 原因と修理方法。応急処置は?

修理部品

LIXIL シングルレバーヘッドパーツ部  A-3830

    レバーハンドル部  A-6040

取替用の水栓本体(後継品)はこちら

補足:シャワーホースの交換部品

シャワーホースが水漏れする場合

キッチン・洗面台のシャワーホースからの水漏れ 原因と修理方法。応急処置は?

LIXIL シャワ-ヘッドASSY A-5813

作業手順

使用工具

・プラスドライバー

・ウォーターポンププライヤー

・モーターレンチ または 開口幅の大きいモンキーレンチ

①水を止める

水栓本体の下に止水栓がありますので、湯・水共に止水します。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

②レバーハンドルの取り外し。

ハンドルの真上に、化粧キャップが付いているので、取り外し、内部のビスを緩めてレバーハンドルを引き抜きます。

レバーハンドルの裏側が破損していました。空回りの原因はこれです。

③固定ナットの取り外し

本体の化粧カバーを取り外し、カートリッジの固定ナットを緩めて取り外します。

本体が一緒に回ってしまう事があります。プライヤーなどで本体部を固定して、ナットを回すようにしましょう。

④バルブカートリッジを取り外す

真上に引っ張るだけですが、少し固いのでプライヤーなどで掴んで引き抜きます。

ここから新しい部品の取付

新しいカートリッジを差し込む・固定ナットの取付

向きを合わせて、しっかり奥まで差し込みます。

固定ナットの取付けます。

レバーハンドルの取付

取外しと逆手順で取付ます。

⑦止水栓を開ける。作業完了

作業難易度(5段階)「2」

比較的簡単に取替えできます。

水栓本体に、外見がよく似た類似品(エコハンドル水栓)がありますが、内部部品が違いますので注意しましょう。本体品番を確認してください。

取替用水栓(後継品) LIXIL SF-810SYU

LIXIL 台付洗髪シャワー水栓  SF-810SYU

ご自身での取替えが不安な方は、工事費込みセットをお勧めします。

LIXIL 台付洗髪シャワー水栓  SF-810SYU (工事費込みセット)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次