MENU

KVK KM346MSG 台所シングルレバー水栓 水漏れ 本体交換方法 TOTO TKS05302J(修理部品の記載も有り)

目次

KVK KM346MSG 台所シングルレバー水栓 水漏れ 本体交換方法 TOTO TKS05302J (修理部品の記載も有り)

KVK 台付シングルレバー水栓 KM346MSG(1998-2003年)

※食洗機用分岐金具有り(後付け)

KVK KM346MSG 台所シングルレバー水栓 水漏れ 本体交換方法 TOTO TKS05302J (修理部品の記載も有り)
KVK 台付シングルレバー水栓 KM346MSG ※分岐金具は後付け。

症状

  • 吐水口の本体回転部分から水漏れする。
  • レバーハンドルを下げても水がしっかりと止まらない。
  • レバーハンドルの下から水漏れする。

原因

吐水口回転部からの水漏れ

吐水口の回転部分の内側に水漏れ防止のパッキンがあり、そのパッキンの消耗によるものです。

ただ、吐水口の内側が摩耗していたりすると、パッキンの交換だけでは直らない事もあります。

レバーハンドルを下げても、水がしっかりと止まらない・レバーハンドル下からの水漏れ

内部のバルブカートリッジの消耗が原因になります。通常、カートリッジは使用して7年過ぎくらいから、水が止まらないなどの症状が出てきます。(使用頻度などによって年数は変わります。)

<故障の前兆>シングルレバー水栓の動きが固い・重い、水がポタポタ止まらない その原因と改善方法

KVK KM346MSGの修理用部品はこちら

今回、本体の使用年数が20年近くと古く、水漏れの箇所も複数ある事から、修理ではなく、水栓本体の交換を行います。

取替え用水栓  TOTO 台付シングルレバー水栓  TKS05302J

KVK KM346MSGの取付穴径は、36~38㎜になります

取付条件が合えば、他メーカーの水栓への取替えは可能です。

分岐水栓は、使っていない為、新しい水栓にはつけません。

TOTO 台付シングルレバー水栓  TKS05302J

ご自身での取替えが不安な方は、工事費込セット(商品+基本工事)をお勧めします。

補足 KVK KM346MSG の修理部品 (Xパッキン、カートリッジ)

吐水口回転の水漏れ修理の場合

KVK Xパッキンセット PZ213NPK

レバーハンドルの止水不良の場合

KVK カートリッジ PZKM110A

作業手順 KVK KM346MSGの取り外し方 ~ 新しい水栓の取付

必要工具

・モンキーレンチ 2本

・マイナスドライバー ※止水栓がドライバー式の場合

止水栓を閉め、水を止める(湯も)

水栓本体下(キッチン収納内)に止水栓が有りますので、閉めて水・湯を止めます。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

止水栓と水栓本体の接続部を取り外す。

クイックファスナーと呼ばれる、抜け止めの金具を取り外し、ブレードホースを上に引っ張ると、接続部が外れます。

止水栓側に残った、ジョイント部を取り外します。(工具を使って緩める)

水栓本体の取り外し

水栓本体の下(シンク天板の裏)で固定金具で固定されていますので、樹脂製のナットを緩め取り外す。

※工具は不要です。

先端の締付レバーは角度が変わりますので、それを利用して緩めます。 

固定金具を取り外せば、水栓本体は上から引き抜けます。

ここから新しい水栓の取付

TOTO TKS05302Jの取付方法は、こちらの記事をご参照ください。

あわせて読みたい
TOTO 台付シングルレバー混合水栓 取付方法 (画像付き解説) 【対象品番  TKS05302J 、 TKS05301J 、 TKS05303J 、 TKS05304J 、TKS05307J】 基本的な取付条件 取付穴は、直径 37 ± 2mm (35~39mm) 天板の厚さ 6~30m...

作業完了

作業難易度(5段階)

作業難易度は、「3」 です。

台付き水栓は、取り外しが大変な事が多く、取付けの方はそれほど難しくありません。

また、キッチン収納内の作業スペースにより、作業のやり易さが大きく変わりますので、面倒でも、収納内の物を一度取り出して作業をする事をお勧めします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次