MENU

KVK KF309NF2-3、KF309AF2-3 洗面洗髪シャワー水栓 水漏れ修理方法(カートリッジ交換手順)

目次

KVK KF309NF2-3、KF309AF2-3 洗面洗髪シャワー水栓 水漏れ修理方法(カートリッジ交換手順)

KVK 洗面洗髪シャワー水栓 KF309NF2-3 (※下吐水)

  ※下吐水 = レバーを下げると水が出る。レバーを上げて止水をする 旧式タイプ

  

KVK KF309NF2-3、KF309AF2-3 洗面洗髪シャワー水栓 水漏れ修理方法(カートリッジ交換手順)
KVK KF309NF2-3、KF309AF2-3 洗面洗髪シャワー水栓 水漏れ修理方法(カートリッジ交換手順)

類似品 KVK KF309AF2-3 (上吐水)も対象

KVK 洗面洗髪シャワー水栓 KF309AF2-3(※上吐水)

※上吐水 = レバーを上げると水が出る。レバーを下げて止水をするタイプ

症状① レバーを止水方向に操作しても水が止まらない。レバーハンドルの動きが固い。

レバーを止水方向に操作しても、水がしっかりと止まらない状態です。また、レバーハンドルの動きも操作がしづらいくらい固い状態です。

原因  水栓内部のバルブカートリッジの消耗

水がしっかりと止まらない・レバーの動きが固い原因は、どちらも水栓内部のバルブカートリッジの消耗が原因となります。

シングルレバー水栓の動きが固い、水が止まらない原因

修理部品(バルブカートリッジ)はこちら

症状② 吐水・シャワーの切替えても、両方から水が出てしまう。

本体横の切替レバーを操作しても、シャワー・吐水の両方から水が出てしまうという状況です。

原因 本体内部の切替弁ユニットの消耗

シャワー吐水の切替が上手くいかないのは、本体内部の切替弁ユニットの消耗が原因となります。

修理部品(切替弁ユニット)はこちら

また、場合によっては、レバーハンドルの内部が破損し空回りをしている事も有ります。

修理部品(レバーハンドル)はこちら

取替用部品 バルブカートリッジ、切替弁ユニット、各種ハンドル

症状① レバーハンドルで水が止まらない場合

KVK カートリッジ(上吐水)  PZKM110C

※下吐水用のカートリッジは廃盤となっている為、交換後は上吐水になります。

KVK KF309NF2-3、KF309AF2-3 洗面洗髪シャワー水栓 水漏れ修理方法(カートリッジ交換手順)

症状② シャワー・吐水の切替不良の場合

KVK 切替弁ユニット ZKF58G

レバーハンドルが破損している場合

KVK 切替レバーハンドルセット Z241

バルブカートリッジ交換手順

形状は異なりますが、リンク先もご参照ください。

あわせて読みたい
KVK KM302N(A) 洗面シングルレバー水栓 水漏れ修理方法(カートリッジ交換手順)※代替・後継機種の記載有り 【KVK KM302N(A) 洗面シングルレバー水栓 水漏れ修理方法(カートリッジ交換手順)※代替・後継機種の記載有り】 KVK 洗面シングルレバー水栓 KM302N(A)  (1987-1999年) 製造...

①水・湯を止める

本体下(洗面台収納内の奥)にある止水栓にて、水と湯を止水します。

止水栓が回らない場合の対処方法

②レバーハンドルの取り外し

レバーハンドル上部の化粧キャップを取り外し、内部の止めネジドライバーで緩めます。

➂カートリッジ押えナット、カートリッジの取り外し

カートリッジ押えナットを工具で取り外し、内部の古いカートリッジを抜き取ります。

④新しいカートリッジの取付

新しいカートリッジ(PZKM110C)を取付け向きに注意して取付けます。

KVK KF309NF2-3、KF309AF2-3 洗面洗髪シャワー水栓 水漏れ修理方法(カートリッジ交換手順)

⑤カートリッジ押えナット・レバーハンドルの取付、止水栓を開ける

修理完了

<補足>代替用水栓  KVK KF309AF2-HGN

取替用の代替水栓

KVK 洗面洗髪シャワー水栓 KF309AF2-HGN

※オプション品

KVK スライドシャワースタンド Z24522

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次