MENU

KVK KM302N(A) 洗面シングルレバー水栓 水漏れ修理方法(カートリッジ交換手順)※代替・後継機種の記載有り

目次

KVK KM302N(A) 洗面シングルレバー水栓 水漏れ修理方法(カートリッジ交換手順)※代替・後継機種の記載有り

KVK 洗面シングルレバー水栓 KM302N(A)  (1987-1999年)

製造年代によって、シングルレバーが「下吐水」「上吐水」のものがあります。

KVK KM302N(A) 洗面シングルレバー水栓 水漏れ修理方法(カートリッジ交換手順)※代替・後継機種の記載有り

症状:レバーを止水方向に操作しても水がポタポタと止まらない

レバーを止水方向に操作しても、水がポタポタと完全に止まりません。

原因:本体内部のバルブカートリッジの消耗

レバーハンドルを止水方向に操作しても、水がポタポタと止まらない場合は、本体内部の「バルブカートリッジと呼ばれる部品の消耗が原因となります。

<故障の前兆>シングルレバー水栓の動きが固い・重い、水がポタポタ止まらない その原因と改善方法

使用頻度などにもよりますが、通常、10年前後くらいから症状が現れます。

修理部品:KVK カートリッジ PZKM110C(上吐水用)※下吐水用は廃盤)

KVK シングルレバーカートリッジ(上吐水) PZKM110C

現在、下吐水の場合は、上吐水に変更されます。

取替用の水栓本体はこちら

カートリッジ交換手順

①水・湯を止める

洗面台収納内に、止水栓がありますので、湯・水(基本は、左=湯・右=水)共に止水をします。

止水栓を閉めた後は、しっかりと水が止まっているか確認をしましょう。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方

②レバーハンドルの取り外し

レバーハンドルの上面に化粧キャップがありますので、先端の細い物(カッターナイフ)などで、こじ開けます。

作業をするときは、排水口を閉めておきましょう。落下して排水口に入ってしまう事があります。

続いて、内部の固定ビスを外しましょう。ビスを外せばレバーハンドルが本体から引き抜けます。

➂カートリッジ押えナットの取り外し

カートリッを押さえているナットを工具を使い、回し、取り外します。

工具をかける箇所は、幅30mm有りますので、開口が大きいモンキーレンチなどが必要です。

④カートリッジの交換

古いカートリッジを取り外します。

まず、周囲を囲むリング状のパッキンがありますので、先端の細いもので引っかけ、抜き取りましょう。

パッキンを取り外せば、カートリッジは簡単に引き抜けます。

水栓本体内に、古いパッキンや、カートリッジの破片などがあれば、取り除いて下さい。

新しいカートリッジと入れ替えます。

古い製品と形状・色が異なりますが、向きを合わせて本体に差し込みます。

新しいカートリッジは、上部の金具部分に「前」という文字が入っている方を前面にしましょう。

⑤固定ナット・レバーハンドルの取付

取り外しと逆の手順で取付けていきます。

⑥止水栓を開けて、動作確認。作業完了

あまり失敗する事は少ないと思いますが、正常に作動するか操作をして確認します。

代替用水栓(後継機種)

ハンドル部(白)

KVK 洗面シングルレバー水栓 (ゴム栓付) KM7014T2

ハンドル部(シルバー)

KVK 洗面シングルレバー水栓 (ゴム栓付) KM7014T

水栓本体の取替え方法は、リンク先をご参照ください

あわせて読みたい
洗面2ハンドル水栓 水漏れ  シングルレバー水栓へ交換 水栓本体交換方法  【MYM 洗面2ハンドル水栓 水漏れ  シングルレバー水栓へ交換 水栓本体交換方法 】 MYM 洗面2ハンドル混合水栓  品番不明 【症状:ハンドルを締めても水がしっかり止ま...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次