MENU

KVK KM315(G・GT)洗面シングルレバー水栓 水漏れ修理方法(バルブカートリッジ交換手順)※洗面化粧台 タカラスタンダード

目次

KVK KM315(G・GT)洗面シングルレバー水栓 水漏れ修理方法(バルブカートリッジ交換手順)※洗面化粧台 タカラスタンダード

KVK 洗面シングルレバー水栓 KM315G(1997-2013年)

※洗面化粧台 タカラスタンダード社製

KVK KM315(G・GT)洗面シングルレバー水栓 水漏れ修理方法(バルブカートリッジ交換手順)※洗面化粧台 タカラスタンダード

類似品番 KM315 、KM315GT

相違点  KM315 (本体部 白、レバーハンドル部 白)

     KM315GT (本体部 シルバー、 レバーハンドル部 シルバー・穴開き)

症状:レバーを下げても水がしっかり止まらない、レバーハンドルの下から水漏れ

レバーハンドルを止水方向に操作しても、水がしっかり止まらない状態です。

また、レバーハンドルの下から水が漏れ続けています。

原因:水栓内部のバルブカートリッジの消耗・破損

どちらの症状も、原因は水栓本体内部のバルブカートリッジの消耗、破損が原因となります。

通常、使用年数10年過ぎ辺りから症状が現れます。

こちらの改善には、バルブカートリッジの交換が必要となります。

<故障の前兆>シングルレバー水栓の動きが固い・重い、水がポタポタ止まらない その原因と改善方法

但し、バルブカートリッジは交換すれば必ず水漏れが直るものではありません。

バルブカートリッジと水栓本体の設置面に摩耗や傷などがある場合は、水栓本体の交換が必要となる事があります。

修理部品: KVK カートリッジ PZKM110A 

KVK シングルレバーカートリッジ  PZKM110A 

取替用の水栓本体はこちら

<補足> レバーハンドルが破損した場合  レバーハンドルセット

KM315、KM315Gの場合

KVK レバーハンドルセット(ホワイト) ZK1S338

KM315GTの場合

KVK レバーハンドルセット KM315GT

バルブカートリッジ交換手順

①水・湯を止める

洗面台収納内にある止水栓で、湯・水を止水します。

止まった事を確実に確認して下さい。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

②レバーハンドルの取り外し

レバーハンドル化粧キャップを取り外します。

続いて、内部の止めネジを緩めて取り外します。

こちらのネジは固く回しづらい事が有ります。ネジ山をつぶさないように注意して下さい。

➂カートリッジ締付ナットの取り外し

本体上部のカートリッジ締付ナットを、工具で反時計回りに緩めて取り外します。

工具の開口幅は30㎜以上必要です

④古いカートリッジの取り外し

まず、カートリッジ周りの黒いOリング状のパッキンを、先端の細いもので取り出します。

Oリングパッキンを取り除けば、カートリッジは簡単に抜き取れます。

この時に、小さなリングパッキンが2つありますので、確実に取り除いて下さい。

カートリッジに引っ付いているか、水栓本体側に残っているはずです。

<補足>水栓本体のこの面に、キズ・摩耗(肉眼ではわからないレベル)があるとカートリッジを交換しても水漏れが直らない事があります。

また、カートリッジの上部に付いている金具は、再利用しますので紛失しない様に注意して下さい。

新しいカートリッジの取付

新しいカートリッジ古い物と形状が異なります。

取付向きに注意して、水栓本体に差し込みます。

Oリングパッキンは隙間に押し込みましょう。

⑥カートリッジ締付ナット、レバーハンドルの取付

取り外し時と逆の手順で取付けていきます。

止めネジは新しいカートリッジに付属していますので、必ずそのネジを使用しましょう。

⑦止水栓を開けて、動作確認

止水栓を開けて、動作確認をします。

レバーの止水方向が違う場合は、カートリッジの取付け向きが逆になっています。

作業完了

水栓本体を交換する場合 代替用水栓(後継品)KVK KM7014T2

KM315Gの代替用水栓

KVK 台付シングルレバー水栓 KM7014T2

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次