LIXIL DT-5500BL 手洗無しロータンク <トイレが流せない> 修理方法(フラッパー弁交換手順)※手洗付 DT-5800BL も対象

目次

LIXIL DT-5500BL 手洗無しロータンク <トイレが流せない> 修理方法(フラッパー弁交換手順)※手洗付 DT-5800BL も対象 

LIXIL 手洗無しロータンク DT-5500BL (2012-2016年)

    手洗付きロータンク  DT-5800BL (2012-2016年)

LIXIL DT-5500BL 手洗無しロータンク <トイレが流せない> 修理方法(フラッパー弁交換手順)※手洗付 DT-5800BL も対象
LIXIL DT-5500BL 手洗無しロータンク <トイレが流せない> 修理方法(フラッパー弁交換手順)※手洗付 DT-5800BL も対象

症状:洗浄ハンドルを操作しても、大洗浄が出来ない。(水が流せない。)

洗浄ハンドルを操作しても、タンク内の水が流れない状態です。

ハンドルの感触がブラブラしており、空回しているような感覚です。

原因:ロータンク内部のフラッパー弁(フロート弁)の鎖が切れている。

ロータンク内部を確認すると、洗浄ハンドルフラッパー弁(フロート弁)をつなぐが途中で切れてしまっています。

LIXIL DT-5500BL 手洗無しロータンク <トイレが流せない> 修理方法(フラッパー弁交換手順)※手洗付 DT-5800BL も対象

洗浄ハンドルを操作しても、フラッパー弁が持ち上がらない為、タンク内の水が流せない状態になっていました。

取替用部品:LIXLI フラッパー弁ASSY A-8123

LIXIL フラッパー弁ASSY A-8123

LIXIL DT-5500BL 手洗無しロータンク <トイレが流せない> 修理方法(フラッパー弁交換手順)※手洗付 DT-5800BL も対象

<補足>その他の修理部品:洗浄ハンドル

洗浄ハンドルが破損した場合

LIXIL 洗浄ハンドル(ナット付) TF-Z180A

フラッパー弁(フロート弁)取替え手順

必要工具

・マイナスドライバー

・ゴム手袋

手順

STEP
水を止める。タンク内の水を空にする。

止水栓マイナスドライバーで閉め、止水をします。

水を止めた状態で、タンクの水を流します。洗浄ハンドルが全く効かない場合は、タンク内フラッパー弁の鎖を直接引っ張りましょう。

STEP
洗浄ハンドルに繋がる鎖を取り外す。

フラッパー弁から洗浄ハンドルにつながるを取り外します。

STEP
フラッパー弁の取り外し。

フラッパー弁の根本の稼働部分を手で持ち、垂直に引き抜き、取り外します。

LIXIL DT-5500BL 手洗無しロータンク <トイレが流せない> 修理方法(フラッパー弁交換手順)※手洗付 DT-5800BL も対象

ロータンク内フラッパー弁の残骸(切れた鎖部分)などが無い事をしっかりと確認しましょう。

取付後、動作不具合の原因となります。

STEP
新しいフラッパー弁の取付。

取外しと逆の手順で、新しいフラッパー弁を取付けます。

洗浄ハンドルにつなげる鎖は、接続位置(黒・白)を間違えない様に注意してください。

また、は若干のたるみを持たせる程度の張り具合にしましょう。

LIXIL DT-5500BL 手洗無しロータンク <トイレが流せない> 修理方法(フラッパー弁交換手順)※手洗付 DT-5800BL も対象
STEP
止水栓を開けて、タンクに水を溜める。

止水栓を開け、タンク内に水を給水します。

手洗い付き(DT-5800BL)の場合、手洗い管から水が噴き出ますので、先端を手で持ち、タンク内へ向けておきましょう。

タンク内の水が抜けたりしない事を確認します。

タンクの水が抜けてしまう場合

フラッパー弁が、しっかりとハマっていない。

の張り過ぎで、フラッパー弁が閉じていない。

タンク内に異物があり、フラッパー弁の間に挟まっている。   などが考えられます。

STEP
フタの取付。動作確認。

洗浄ハンドルを操作し、大・小の洗浄が正常に行われるか、確認しましょう。

完了

LIXIL フラッパー弁ASSY A-8123

洗浄ハンドルが破損した場合

LIXIL 洗浄ハンドル(ナット付) TF-Z180A

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次