MENU

LIXIL DT-811 手洗い付ロータンク 洗浄レバーハンドルが折れた  修理方法(洗浄ハンドル交換)補足:他、修理部品の記載有り

目次

LIDT-811-811 手洗い付ロータンク 洗浄レバーハンドルが折れた  修理方法(洗浄ハンドル交換)補足:他、修理部品の記載有り

LIXIL 手洗い付ロータンク  DT-811(1979-1983年)

※便器 C-54S

LIXIL DT-811 手洗い付ロータンク 洗浄レバーハンドルが折れた  修理方法(洗浄ハンドル交換)補足:他、修理部品の記載有り

手洗い無しロータンク  INAX DT-511も対象

INAX 手洗い無ロータンク DT-511(1979-1983年) も同様です。

症状:洗浄レバーハンドルが折れた、 トイレが流せない

洗浄ハンドルが折れてしまい、トイレが流せない状態です。

経年劣化によるもので、洗浄ハンドル部分の交換が必要になります。

LIXIL DT-811 手洗い付ロータンク 洗浄レバーハンドルが折れた  修理方法(洗浄ハンドル交換)補足:他、修理部品の記載有り

取替用部品: マルチ洗浄ハンドル  LIXIL TF-10A

LIXIL マルチ洗浄ハンドル  TF-10A

LIXIL DT-811 手洗い付ロータンク 洗浄レバーハンドルが折れた  修理方法(洗浄ハンドル交換)補足:他、修理部品の記載有り

その他、修理部品:ボールタップ・フロートゴム玉

タンク内の水が止まらない場合

LIXIL マルチボールタップ  TF-20B

LIXIL フロートゴム玉   TF-10R-L

ボールタップ・フロートゴム玉の交換手順は、下記リンク先をご参照ください。

INAX DT-680S(DT-650S) トイレロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートゴム玉交換手順)※他、修理部品の記載有り

洗浄レバーハンドル交換手順 

必要工具

・マイナスドライバー 

・モンキーレンチ

①止水栓を閉め、タンクの水を抜く

マイナスドライバー止水栓を回し、水を止めて、タンク内の水を流して、空にします。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

②古い洗浄ハンドルの取り外し

洗浄ハンドルの固定ナットが、タンクの内側にあります。

固定ナットモンキーレンチなどを使用し、緩めて取り外します。

固定ナットを取り外せば、洗浄ハンドルはタンクの外側に抜き取ることが出来ます。

➂マルチ洗浄ハンドル(TF-10A)の使用部材の確認

LIXIL(旧INAX)のマルチ洗浄ハンドルは、マルチの名の通り、複数のタンク品番(他社も含める)に対応できる仕様になっています。

そのため、タンクに合わせて部品の組み立てが必要になる為、施工説明書をしっかり見て確認をしなくてはなりません。

タンクの形状に合わせて、説明書のフローチャートにしたがって、施工方法を確認します。

INAX DT-811で 使用する部材・使用しない部材は、下の画像のようになります。

LIXIL DT-811 手洗い付ロータンク 洗浄レバーハンドルが折れた  修理方法(洗浄ハンドル交換)補足:他、修理部品の記載有り

④マルチ洗浄ハンドルの取付

ハンドル本体をタンクに固定します。

調整リング(赤)を→の方向にそって差し込みます。

レバーを差し込み、固定クリップで固定します。

フロートゴム玉の鎖をフックを使い取付けます。(鎖は張り過ぎないように)

⑤止水栓を開けて、動作確認

止水栓を開け、タンクに水を溜めて、ハンドルが正常に作動するか確認しましょう。

取替え完了

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次