MENU

TOTO 手洗付隅付ロータンク S670S 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換)

目次

TOTO 手洗付隅付ロータンク S670S 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換)

既存のロータンク

TOTO 手洗付隅付ロータンク S670S (1972-2007年)

TOTO 手洗付隅付ロータンク S670S 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換)
TOTO 手洗付隅付ロータンク S670S 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換)

症状:タンク内の水が止まらない。

・タンクの中の水が止まらない。

・タンクの中で、水が出ている音がする。

・便器内に水がずっと流れている。

タンクに溜まる水の水位が通常の位置では止まらず、給水され続けてしまっています。

原因 : ボールタップ・フロートバルブの消耗

原因となる箇所は、主に2箇所です。

タンク内、上部にあるのが「ボールタップ」と呼ばれる部品で、浮きの浮力を利用してタンク内への給水を開始・閉止する構造になっています。

このボールタップが消耗してくると、タンクに水が溜まって、浮きが浮上しても水が止まらない状態になります。

もう一つがフロートバルブと呼ばれる、タンクの底面にあるゴム玉形状の部品で、タンクに溜まった水を、便器側に流す・止める役割です。

どちらか片方が悪いだけでも、正常に水が止まらなくなりますので、この2点はセットで交換するのが基本となります。

修理用部品 

TOTO ボールタップ  THYS2A

     フロートバルブ  THY416R

 

補足:交換用レバーハンドル

TOTO レバーハンドル  THY425-1R

必要工具

・マイナスドライバー ※止水栓がドライバー式の場合

・モンキーレンチ

・ウォーターポンププライヤー

交換手順

①トイレの止水栓を閉める。

マイナスドライバーで止水栓を閉め、トイレを流してみて水が止まった事を確認します。

②ボールタップの取り外し

給水管との接続ナットと、ボールタップをタンクに固定しているナットの2箇所緩め取り、タンクからボールタップを取り外します。

③フロートバルブの取り外し。

レバーハンドルに繋がる鎖を取り外し、ゴム玉をタンクから取り外します。

④新しいフロートバルブ(THY416R)の取り付け。

鎖をレバーハンドルにつなぐ長さに注意しましょう。張り過ぎず、多少ゆとりを持たせてつなぎます。

⑤新しいボールタップ(THYS2A)の取り付け。

取り外しの時と逆の手順で取り付けます。

手洗い管を接続します。

同品番でも、古いタンクの場合、画像のような接続口になっている場合があります。取り外せますので、ボールタップの付属品の樹脂のアダプターに交換しましょう。

⑥止水栓を開け、水位調整。 作業完了。

作業後のチェックポイント

・給水の接続部分に水漏れが無いか。

・正常な水位で水が止まるか。(調整可能)

・大・小 洗浄が適切に流れるか。

作業難易度 (5段階)

作業難易度「2」

施工説明書も合わせて読んで施工しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次