MENU

TOTO ウォシュレット アプリコットN1 TCF4110(修理部品生産中止) 水漏れ ウォシュレット本体の交換方法

目次

TOTO ウォシュレット アプリコットN1 TCF4110(修理部品生産中止) 水漏れ ウォシュレット本体の交換方法

TOTO  ウォシュレット アプリコットN1 TCF4110(製造年 2003-2007年)

  ※TOTO  便器 CS430・タンク SS430BABL(2000年)

TOTO ウォシュレット アプリコットN1 TCF4110(修理部品生産中止) 水漏れ ウォシュレット本体の交換方法
TOTO ウォシュレット TCF4110(2003-2007年)

症状

ウォシュレット本体の横あたりから水漏れがする。

床が濡れている。

ボタンを押しても動作しない。

原因

一見、止水栓からの給水ホースのナット接続部分で水漏れしている様に見えますが、私の経験上、この部分が水漏れの原因であった事は、ほとんどありません。(一度取り外しをしたりした場合を除く。)

ウォシュレット内部には、この接続部分から、おしり洗浄のノズル部分まで、水の通り道がありますので、本体が劣化してくると、内部で水漏れを起こし、外部に水漏れするという事があります

水漏れの仕方も「常時水漏れしている」場合もあれば、「おしり・ビデ洗浄を使用中に水漏れする」、「おしり・ビデ洗浄を使用した後で水漏れする」など色々とあるので、最初は気づきにくいです。

水漏れの発生時期としては、使用頻度などで変わりますが、使用開始から7年~15年くらいが多いと思います。

修理方法

通常、この様な温水洗浄便座(ウォシュレットはTOTO社の製品名です)の修理は、製造メーカーのメンテナンスに依頼をする形になります。

但し、温水洗浄便座は電気製品になる為、寿命があり、メーカーも使用年数が10年を越えたものは買い替えを推奨しています。(漏水・漏電・発火などの恐れ)

また、本体の生産終了時期から、10年程で修理に必要な部品も供給終了となるので、実質的に修理不可となる事が多いです。

今回の「TCF4110」も、すでに修理部品が廃盤となっている為、本体交換を行います。

あわせて読みたい
 温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)の交換時期・取替え製品について(DIY、自分で取替え) 【 温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)の交換時期・取替え製品について(DIY、自分で取替え)】 温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)の取替え時期  温水洗浄便座の取替え...

取替え品  TOTO ウォシュレットS1 TCF6543 

今回、取替えに使用した製品は、同等機能の製品ではありません。

急を要した為、色も便器と異なっています。

TOTO ウォシュレットS1 TCF6543 

大きな相違点 洗浄水給湯  瞬間式 → 貯湯式

TOTO ウォシュレットS1 TCF6543

※色は、便器の色に合わせたものを選んでください。

工事費込みセット(商品+基本工事)はこちら

後継品の場合 TOTO アプリコット F1 TCF4713R

色は、便器の色に合わせたものを選んでください。

工事費込みセット(商品+基本工事)はこちら

交換手順

必要工具

・マイナスドライバー

・プラスドライバー 

・モンキーレンチ 2本

<あれば便利>

・電動ドライバー

①止水栓で水を止める。コンセントを抜く。

ご家庭によって、止水栓の形状は異なります。ドライバー等を使って止水栓を閉めます。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

②分岐金具の取り外し。

既存の分岐金具を取り外します。

残り水が出ますので注意しましょう。

温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)の分岐金具の取付(交換)について 

➂ウォシュレット本体の取り外し。

本体の向かって右側面に、便座着脱用のボタンがあります。

着脱ボタンを押しながら、本体を手前にスライドさせれば、ベースプレートを残して、外すことが出来ます。

④ベースプレートの取り外し。

プラスドライバーで固定ボルトを緩め、真上に引き抜きます。

受け側のナット(ゴムパッキン付き)は、便器の真下から抜き取ると外しやすいです。

ここから新しいウォシュレットの取付

施工説明書もしっかりと読んで施工をしてください。

⑤新しいベースプレートの取付。

便器のサイズに合わせて、ベースプレートのボルト位置を調整し、プラスドライバーでボルトを締め込みます。

トイレ 便器のサイズの確認方法 温水洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ等)の取替時

こちらの便器(TOTO CS430)は、レギュラーサイズ(普通)の為、画像の位置でボルトを固定します。

⑥新しい分岐金具の取付。

分岐金具の前後に平パッキン(付属品)を入れ、ナットを締め込みます。

古いパッキンは必ず綺麗に取り除いて下さい。水漏れの原因となります。

⑦ウォシュレット本体の設置。給水ホース・電源コンセントの接続。

本体をベースプレートにスライドさせて、設置します。(カチッと音がするまで。)

給水ホースを分岐金具に接続します。

⑧壁リモコンの交換。

古い壁リモコンを新しい物に交換。

⑨作業完了

作業完了です。止水栓を開けて、水漏れ・動作の確認をしましょう。

作業難易度(5段階)・ 注意点

作業難易度は、「2」 です。

止水栓からのロータンクまでの給水の接続方法は、ご家庭によって異なります。

施工後に水漏れが起こりやすい箇所ですので、注意が必要です。

ご自身での取替えが不安な方は・・・

TOTO TCF6543 工事費込みセット(商品+基本工事)

色は便器の陶器カラーに合わせてください

TOTO TCF4713R 工事費込みセット(商品+基本工事)

色は便器の陶器カラーに合わせてください

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次