MENU

TOTO S514D 手洗付平付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)

目次

TOTO S514D 手洗付平付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)

TOTO 手洗付平付ロータンク S514D(~1996年)

TOTO S514D 手洗付平付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)

平付ロータンクとは

平付ロータンクとは、タンクの形状は四角便器とは洗浄管とよばれるパイプで繋がっておりタンク自体は壁に固定がされています。

似たようなタイプでは、隅付ロータンク(三角タンク)があります。

TOTO S514D 手洗付平付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)
平付ロータンク(TOTO S514)
隅付ロータンク
便器とは洗浄管でつながっている

類似品 S514 手洗い・給水 位置違い

S514は、給水管および手洗い管が左側になります。修理部品は同じ。

症状:タンクの給水が止まらない、便器内へ水が流れ続けている

タンク内の水が満タンになっても給水され続けてしまう状態です。

給水され続けた水は、タンク内に立ち上がっているオーバーフロー管に入り、便器側へ流れ続けます。

原因:ロータンク内部部品の消耗(ボールタップ・フロートバルブ)

タンクへの給水が止まらない原因は2つです。

①ボールタップの劣化により、タンクに水が溜まっているのに給水がストップしない。

②フロートバルブ(タンクの底のゴム玉)の劣化により、タンクの水が減り続けてしまう。→減った分の水が給水され続ける。

この原因を解決する為に、ロータンクの主要部品であるボールタップ・フロートバルブの交換を行います。

取替用部品 ボールタップ・フロートバルブ

TOTO ボールタップ THYS2A

    フロートバルブ THY416R

TOTO S514D 手洗付平付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)

補足:その他交換部品  レバーハンドル

レバーハンドルが破損した場合

TOTO レバーハンドル  THY425-1R

TOTO S514 ボールタップ・フロートバルブ交換手順

①水を止める

止水栓または水道メーター等のバルブを閉めて、水を止めます。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

②タンクの水を抜く

水を止めた状態で、洗浄レバーを操作し、タンク内の水を抜きます。

➂ボールタップの取り外し

給水管ナットを工具を使って取り外し、続いてボールタップ固定ナットを取り外します。

ボールタップタンクの内側に抜き取ります。

④フロートバルブの取り外し

フロートバルブは、接続部分を広げてフロート弁から取り外します。

もフックごとレバーハンドルから取り外す。

新しいフロートバルブの取付

取り外しの時の逆の手順で取付けて行きます。

フロートバルブの張り具合は、張り過ぎずに、若干のたるみを持たせる程度に調整します。

新しいボールタップの取付

ボールタップから固定ナットフクロナット(使用しない)を取り外し、タンクの給水用の穴に通し固定します。

接続部のパッキンは付属のものを使用します。

⑦手洗い連結管の交換(右給水・手洗い管が右の場合)

S514Dのように、手洗いの位置がボールタップの真上にくる場合、手洗いの連結管は、白透明なものに付け替えます。

タンク手洗い管の接続部分は、差し込み式ゴムから、ナット接続に交換する。

⑧止水栓を開けて、タンクに給水し、水を溜める

止水栓を開ける際には、手洗いの連結管から水が吹き出しますので、必ず手で持ちタンクの内側に向けておきましょう。

しっかりと水が止まる事を確認。止水する水位はボールタップで調整が出来ます。(詳しくは施工説明書を読んでください)

⑨手洗いを接続し、作業完了

給水の接続部に水漏れがないかを確認しましょう。

また、手洗い管からもしっかりと水が出るか確認します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次