MENU

TOTO S670B トイレ隅付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)※他、修理部品の記載有り

目次

TOTO S670B トイレ隅付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)※他、修理部品の記載有り

TOTO  防露式手洗付隅付ロータンク S670B (1971-2008年)

※便器部分は、和式・洋式 どちらもあります。

TOTO S670B トイレ隅付ロータンク 水漏れ修理方法(ボールタップ・フロートバルブ交換手順)※他、修理部品の記載有り

症状:タンクの中の水が止まらない・便器に水がずっと流れている

トイレを流した後、タンクに水がいっぱいになっても水が止まらない。

タンク内に溜まりすぎ、溢れた水が、便器内に流れ込んでいます。

※画像のボールタップは、TOTO純正品ではありません。

原因:タンク内の部品(ボールタップ・フロートバルブ)の劣化

ロータンク内部の部品の劣化が原因です。

ボールタップ・フロートバルブの劣化

タンクの水が満タンになっても水が止まらない。→ ボールタップが正常な機能を果たしていません。

タンクの水が抜けて減ってしまう。→ フロートバルブが消耗し、機能を果たしていません。

ボールタップ・フロートバルブは、セット交換が基本

この2点の部品は、どちらかが正常に作動しなくても、水が止まらなくなります。

基本的には、ボールタップ・フロートバルブは、一緒に交換をしましょう。

取替え用部品部品 : ボールタップ、フロートバルブ

TOTO ボールタップ  THYS2A

TOTO フロートバルブ  THY416R

他、修理部品 : レバーハンドル

レバーハンドルの動きが悪い、破損している場合

TOTO レバーハンドル THY425-1R

ボールタップ・フロートバルブの交換手順

①水を止める

タンク横の止水栓マイナスドライバーで閉め、水を止めます。

水が止まった事をしっかりと確認しましょう。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

②タンクの蓋を外し、タンク内の水を空にする

タンクの水を流し、中を空の状態にします。

➂ボールタップの取り外し

給水管からの接続部分の袋ナットを工具を使って取り外します。

続いて、ボールタップ固定ナットを工具を使って緩めて取り外し、ボールタップをタンク内側から抜き取ります。

④フロートバルブの取り外し

レバーハンドルに繋がる鎖をフック部分から取り外します。

続いて、フロート弁にかかっているフロートバルブを取り外します。

フロートバルブを触る時は、ゴム手袋などをしていないと、手が真っ黒になります。

ここから新しいボールタップ・フロートバルブの取付

⑤新しいフロートバルブの取付

取り外しの時と逆の手順で、新しいフロートバルブを取付けます。

レバーハンドルに繋ぐ、鎖の張り具合だけ調整が必要です。(多少、たるむ程度)

⑥新しいボールタップの取付

ボールタップ(THYS2A)は、他品番にも対応するものですので、施工説明書を読み、必要な場合は組み換えが必要になります。

こちらも、取り外しの時と逆手順で取付をしていきます。

接続部のパッキンは付属のものと交換ししましょう。

⑦止水栓を開けて、タンク内に水を溜める。水位調整

止水栓を開けて、タンク内に水を給水します。

この時に、手洗い管(ジャバラの管)から水が出ますので、手で持ってタンク内に向けておきましょう。

水が溜まり、止まる水位を確認します。

規定の水位は、オーバーフロー管に印があるラインの位置です。

止水水位の調整をする場合は、ボールタップのダイヤル部分で調整が可能です。

⑧フタに手洗い管を接続し、作業完了

取替え完了

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次