MENU

TOTO S710B 手洗い無トイレロータンク 水漏れ修理(ボールタップ・フロートバルブ交換方法)

目次

TOTO S710B 手洗い無トイレロータンク 水漏れ修理(ボールタップ・フロートバルブ交換方法)

既存のロータンク品番 TOTO S710B(1976-2001年)

※手洗い付ロータンクの場合は、S721B となります。

TOTO S710B 手洗い無トイレロータンク 水漏れ修理(ボールタップ・フロートバルブ交換方法)

症状:タンクの水がずっと止まらない。水漏れしている。

  • タンクの中の水がずっと止まらない
  • 便器の水溜まり面に水がチョロチョロと流れ続けている。
  • トイレのタンク内で水が漏れる音がする。

原因:ボールタップ・フロートバルブの劣化

トイレロータンク内部の部品の消耗による、止水不良が起きています。

通常、タンク式のトイレは、便器洗浄後に給水が始まり、タンク内に規定水量まで貯まると給水が自動で止まるというのが正常な状態になります。

これに関係する部品は、大きく2点です。

ボールタップ

タンクのフタを開けて、すぐ目に入るものがボールタップです。

浮き玉が付いており、タンク内の水位の変化により浮力で位置が上下し、連動して開栓・閉栓をするしくみとなります。

タンクに水が溜まる(水位が高くなる)→ 浮き玉の位置が上がる → 水が止まる

タンクの水が抜ける(水位が下がる)→ 浮き玉の位置が下がる → 水が出る

フロート弁(排水弁)

タンクの底面の中央に付いているものが、フロート弁(排水弁)です。

フロート弁は、タンクに溜まった水が流れない様に留める役割と、便器内に水を排水する弁の役割をします。

また、ボールタップの故障によりタンク内への給水が止まらなくなった場合、タンクから水が溢れない様に、便器内へ水を逃がすオーバーフロー管の役割もかねています。

弁の開閉は、レバーハンドルと連動しています。

通常の修理で交換するのは、フロート弁全てではなく、劣化がし易いフロートバルブ(黒いゴム玉と鎖)部分を換える事がほとんどです。

部品品番 ボールタップ THYS3A, フロートバルブ THY418

TOTO S710B の部品品番です。

TOTO  ボールタップ   THYS3A

    フロートバルブ  THY418

    

補足 今回は交換しませんが、レバーハンドルは下記品番です。

TOTO レバーハンドル  THY425-6R

交換手順

必要工具

・マイナスドライバー

・モンキーレンチ

・ゴム手袋

止水栓で水を止める。タンクの水を抜く。

マイナスドライバーなどで、タンク横の止水栓を閉め(時計まわり)、水を止めます。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

給水管を取り外す。ボールタップを取り外す。

ボールタップにつながる給水管のナット部分、ボールタップの固定ナット部分の順に取り外し、ボールタップをタンクから取り外します。

フロートバルブを取り外す。

レバーハンドルに繋がる鎖のフックを外し、フロートバルブは、フロート弁部に引っ掛かっているだけなので、抜き取ります。

ここから新しい部品の取付

フロートバルブの取付

新しいフロートバルブを取外しと逆手順で取付ます。鎖の張り具合に注意して取付けましょう。

ボールタップの取付。給水管との接続。

ボールタップも取り外しと逆手順で取付けますが、新しいボールタップは、タンクの品番に合わせて多少の組み換えが必要です。施工説明書をよく読みましょう。

止水栓を開ける。水位調整。

止水栓を開け、タンクに水を貯めます。

水が止まる水位は、ボールタップで調整可能です。(取説に記載有り)

水位の目安は、フロート弁のオーバーフロー管にWL(ウォーターライン)と書いた線がありますので、線の水位で水が止まるように調整しましょう。

タンクのフタをする。作業完了。

作業難易度 (5段階)

作業難易度は 「2」 です。

こちらの記事内の説明とは別に、取扱説明書もしっかりと読んで作業をしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 30年使用しているトイレ(S710B)です。タンクの内壁が発砲プラスチックで内張されていますが、その内張が膨潤しての浮き玉と接触、ボールタップの働きを邪魔しています。10年程前に突っ張り棒で広げて使って来ました。最近更に膨れて来て、時々浮き玉が下がらなくなります。この内張の当たる部分を切り取ろうと思いますが、問題があるでしょうか?いかがでしょうか?

  • コメント下さいましてありがとうございます。

    タンクの結露防止の為の発泡スチロールになります。
    同じ症状で、切り取ってしまっている方を見かけますが、お勧めは致しません。
    切り取った部分から防露材内へ水が入る為、環境によって結露が発生したり、タンクの下のボルトが緩んでいたりすると、水漏れなどの可能性も考えられます。

    同じタンクはすでに製造されていない為、交換用のものはございません。(中古などを除く)
    取替えの場合は、便器とセットでの取替えとなります。

コメントする

CAPTCHA

目次