MENU

TOTO S721B 手洗い付ロータンク 水漏れ修理 (ボールタップ・フロートバルブ交換方法)

目次

TOTO S721B 手洗い付ロータンク 水漏れ修理 (ボールタップ・フロートバルブ交換方法)

既存のロータンク品番 TOTO S721B (1976-2001年)

TOTO S721B 手洗い付ロータンク 水漏れ修理 (ボールタップ・フロートバルブ交換方法)

症状:タンクの水がずっと止まらない。便器に水が流れ続けている。

  • タンク内の水が止まらない。
  • タンクの中から水が流れる音がずっとしている。
  • 便器内の水溜まりに水がチョロチョロと流れ続けている。

原因:ボールタップ・フロートバルブの消耗

タンク内部品のボールタップの劣化により、水がしっかり止まらなくなっています。

使用されてから20年以上経っているトイレですので、部品の劣化は当然あります。

交換部品 ボールタップ THYS4A、 フロートバルブ THY418

TOTO  ボールタップ  THYS4A

    フロートバルブ  THY418

※今回は交換しませんが、レバーハンドルは下記品番になります。

TOTO レバーハンドル THY415-6R

交換手順

必要工具

・マイナスドライバー  ※止水栓がドライバー式の場合

・モンキーレンチ

止水栓を締め、タンク内の水を抜く

止水栓をマイナスドライバーで締めて止水し、タンク内の水を抜きます。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

給水管・ボールタップの取り外し

給水管の接続ナット、ボールタップの固定ナットを外し、ボールタップをタンクから取り外します。

フレキ管の場合

サプライ管の場合

フロートバルブの取り外し

レバーハンドルを残し、鎖からゴム玉部分を取り外します。

ここから新しい部品の取付

フロートバルブの取付

新しいフロートバルブを取外しと逆手順で取付けます。 鎖の張り具合に注意しましょう。(少したるませる。)

ボールタップの取付

新しいボールタップは、タンク品番に合わせて、多少の組み換えが必要になります。(施工説明書を参照)

ボールタップをナットで仮固定し、給水管のナット接続(パッキンを入れる)後に、本締めします。

<フレキ管の場合>

<サプライ管の場合>

新しいボールタップに付属しているストレーナー(白)パッキン2ヶを使用し、接続します。

補給水管(ゴムホース)のオーバーフロー管への接続も必ず行ってください。

止水栓を開け、止水位置の調整

止水栓を開け、水を出す時は、手洗い管のホースから水が出ますので注意しましょう。(下に向けておく)

タンクの止水水位は、ボールタップのダイヤルで、調整が出来ます。

オーバーフロー管のWL(ウォーターライン)に合わて、水が止まる様にする。

タンクのフタに手洗い管を接続、作業完了

水漏れする可能性があるのは、給水管の接続部分です。

また、今回に作業によって、止水栓まわりでも水漏れが起こる事がありますので、しっかりと確認をしましょう。

作業難易度(5段階) 「2」

作業難易度は、「2」 です。

施工説明書もしっかりと読んで施工をするようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次