MENU

TOTO THY582N シングルバルブ部(カートリッジ)の交換方法【詳しい画像解説】

目次

TOTO THY582N シングルバルブ部(カートリッジ)の交換方法【詳しい画像解説】

TOTO シングルバルブ部(カートリッジ) THY582N

TOTO THY582N シングルバルブ部(カートリッジ)の交換方法【詳しい画像解説】

必要工具

・マイナスドライバー

・モーターレンチ または ワイドモンキー

・ラジオペンチ または ピンセット

・千枚通し または 細長い棒(竹串など)

まずは止水栓で、湯・水を止めましょう。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

①レバーハンドルの取り外し

水栓によってハンドルの形状は違いますが、真上に強く引っ張る事で取り外しが出来ます。

ネジなどでの固定はありません。

②ストッパー類の取り外し

止めバネワッシャーを取り外します。(この2点は、使われていない水栓もあります。

続いて、ストッパー(樹脂)を取り外します。

ここで取り外した部品は、再利用しますので、紛失しない様に注意して下さい。

➂カートリッジ押えの取り外し

上部のカートリッジ押え(ナット)は、ネジ式になっています。(水栓によって形状が異なります。)

反時計周りに回す事で緩める事が出来ます。

モーターレンチトーキレンチなど大開口の工具が必要です。

注意点:カートリッジ押えを回す際に、一緒水栓本体が回ってしまわない様にしっかりと本体を固定して下さい。本体下の配管が捻じれたり、破損したりする可能性があります。

④カートリッジの取り外し

カートリッジ真上に引っ張る事で取り外しが出来ます。パッキンが効いているので、少し固いです。

水栓内部にフレアパッキンバネが2組残ります、しっかりと取り除きましょう。

(カートリッジの破片なども残る事があるので、取り除く)

注意:中に異物が残ったままになると、取替後に正常に作動しなくなります。

新しいカートリッジの取付

取外しと逆の手順でカートリッジを取付けていきます。

⑤フレアパッキン・ばねの取付

細い棒状のものに、フレアパッキン・バネを通し、取付け箇所の穴へ送り込みます。

最後に指で押さえて、差し込みます。

⑥カートリッジ本体の取付

取付向きに注意して差し込んで、奥まで押し込みます。

⑦カートリッジ押え、ストッパー類の取付

カートリッジ押えストッパー類を元に戻します。

⑧レバーハンドルの取付

ワンタッチ式なので、向きを合わせて、真上から「パチッ」っとはめ込みます。

レバーハンドルがすぐに抜けてしまう場合

レバーハンドルの差し込み部分が、破損または、摩耗している可能性があります。

この場合は、新しいレバーハンドルに交換しなければなりません。

※水栓本体によって部材は異なります。

⑨止水栓を開けて通水、動作確認。 完了

しっかりと水・湯が出る、止まる事を確認しましょう。

カートリッジを交換しても水のポタポタが止まらない。数日、数ヵ月後に水のポタポタが止まらない場合

水栓内部のカートリッジとの接地面に、肉眼では確認出来ないような傷や摩耗がある事が原因です。

この場合、水栓本体を交換しなければなりません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次