MENU

TOTO TL871AFR 手洗器用水栓 水漏れ修理方法(開閉バルブ部交換手順)

目次

TOTO TL871AFR 手洗器用水栓 水漏れ修理方法(開閉バルブ部交換手順)

TOTO 手洗器用水栓(埋込・ハンドル式) TL871AFR(2013年~)

※手洗器品番 TOTO L870

TOTO TL871AFR 手洗器用水栓 水漏れ修理方法(開閉バルブ部交換手順)

症状:水が止まらない

ハンドル操作で止水をしても、水が完全に止まらない状態です。

最初の内は、きつく締める事で止まっていましたが、徐々に止まりが悪くなってきています。

原因:水栓内部の開閉バルブ部の消耗

水栓本体内部にある止水部品「開閉バルブ部」の消耗が原因です。

使用頻度にもよりますが、通常10年前後で症状が現れます。

水が止まらないからといって、グイグイとハンドルを締め込んでしまうと、ハンドル内部も破損してしまう事もありますので、無理をせずに、早い段階で修理をする事をお勧めします。

修理部品:開閉バルブ部 、 ハンドル部

TOTO 開閉バルブ部 TH5B0094

ハンドル内部が摩耗・破損している場合

TOTO ハンドル部 TH5D0118

開閉バルブ部交換手順

①水を止める

洗面器下にある止水栓を閉めて、水を止めます。

水が止まった事をしっかりと確認しましょう。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

②ハンドル部の取り外し

ハンドルの上面の中心に丸いキャップ「インデックス」がありますので、先端の細い工具(カッターナイフなど)で取り外し、内部のネジもドライバーで取り外します。

取り外した細かな部品が手洗器の排水口に落ちてしまう事がありますので注意。作業中、排水口は塞いでおきましょう。

ネジを取り外せば、ハンドルが上に抜けます。(少し固い事があります。)

➂台座ナットの取り外し

台座ナット部分に工具をかけられる箇所があります。工具で反時計回しに緩め、台座ナットを取り外します。

このに、水栓本体ごと回ってしまう事がある為、手洗器下の本体部分を工具で押さえる様にしてください。

④開閉バルブ部の交換

古い開閉バルブ部を、工具で取り外します。(反時計回りで緩む)

水垢で固着し、固い事が多々あります。「ナットの山をつぶさない」「水栓本体が回らない」様に注意しましょう。

この時も、手洗器下の水栓本体部分を工具で押さえる事。

取り外した水栓側内部に、異物が入っていない事を確認し、新しい開閉バルブ部を取付けます。

⑤台座ナット・ハンドル部の取付

台座ナット・ハンドル部を取り外しと逆の手順で取付けます。

⑥止水栓を開けて、水漏れ確認、動作確認。

止水栓を開けて、水漏れが無いか確認しましょう。

特に洗面器下の水栓本体の接続部分を確認して下さい。

この部分が水漏れしている場合

ナットの増し締めで治まることもあります。それでも直らない場合は下記のパッキンを交換して下さい。

TOTO パッキン TH94034R

動作確認をします。

交換完了

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次