MENU

TOTO TLHG31D 洗面台付シングルレバー水栓 水漏れ修理方法(バルブカートリッジ交換手順)※他、修理部品の記載有り

目次

TOTO TLHG31D 洗面台付シングルレバー水栓 水漏れ修理方法(バルブカートリッジ交換手順)※他、修理部品の記載有り

TOTO 台付シングルレバー(吐水口回転タイプ) TLHG31D (2005-2012年)

TOTO TLHG31D 洗面台付シングルレバー水栓 水漏れ修理方法(バルブカートリッジ交換手順)※他、修理部品の記載有り

類似品品番も対象 TLHG30型、TLHG31型

症状:レバーを下げても水がポタポタと止まらない

レバーハンドルを下げても、水がポタポタと止まらない状態です。症状が軽いうちは、レバーの左右の位置で止まったりする事もありますが、症状が進むにつれて水漏れの量が増えてきます。

原因:水栓内部のバルブカートリッジの消耗

レバーを下げても水が止まらない原因は、水栓内部にある「バルブカートリッジ」と呼ばれる部品の消耗になります。

使用頻度などにもよりますが、通常、使用年数10年前後で症状が現れます。

このバルブカートリッジは、水栓メーカー・型番によって種類が異なります。適合する部品を準備して交換をしなければなりません。

<故障の前兆>シングルレバー水栓の動きが固い・重い、水がポタポタ止まらない その原因と改善方法

修理部品: TOTO シングルバルブ部(カートリッジ) THF7R

TOTO シングルバルブ部(カートリッジ) THYF7R

他、修理部品 ハンドル部、吐水口部

レバーハンドルを交換したい場合

TOTO ハンドル部 TH5D0176

吐水口部を交換したい場合(吐水口回転式のみ)

TOTO 吐水口部 TH5C0332

バルブカートリッジ(THYF7R)交換手順

①水・湯を止める

洗面ボウル下に水栓本体からつながる止水栓があります。

左右2箇所(左=湯、右=水)共に、閉めます。

閉めた後は止まっている事を確実に確認しましょう。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

②ハンドルの取り外し

ハンドルの前面のインデックス(丸い形の部分)を先の細い工具など(カッターナイフでも可)で、取り外します。

外した内部に、ハンドルを固定しているネジがあります。プラスドライバーまたは六角棒レンチ(対辺3㎜)のどちらかで取り外します。(製造時期によって異なりますので、のぞいて確認するしかありません。)

ビスを緩める事で、ハンドルが真上に抜き取れます。

➂カートリッジ押えナットの取り外し

ハンドルを外すと、本体上部にカートリッジを押さえている大型のナットがあります。

※今回は、使用されていませんでしたが、下の画像の様な樹脂製の部品が取り付けられている場合は、一旦取り外します。

開口が広い工具(38㎜以上)で、反時計回りに回す事で緩みます。

この時に、ナットが水垢で固着している事が多く、回し始めがかなり固い場合があります。

水栓本体自体が一緒に回ってしまわない様に、本体を固定しながらナットを緩めるようにしてください。

水栓本体が回ってしまうと、吐水位置が変わってしまうのもは勿論ですが、水栓本体に繋がる給水管が引っ張られ、捻じれや水漏れなどの原因になります。

④バルブカートリッジの交換

古いカートリッジを抜き取ります。内部に古いパッキンや、ゴミなどが残らないように、確認しましょう。

接地面を綺麗にして、新しいカートリッジを差し込みます。

三つ穴の位置を合わせて、凹凸部分が入りこむように差し込んでください。

⑤カートリッジ押えナット、レバーハンドルの取付

取外しの時と逆の手順で、カートリッジ押えナットレバーハンドルの取付を行います。

⑥止水栓を開け、動作確認。 作業完了

最後に止水栓を開け、動作確認と水漏れが無いかを確認します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次