MENU

TOTO TLJ30U (X・G) 洗面シングルレバー水栓 水漏れ修理方法(バルブカートリッジ交換)

目次

TOTO TLJ30U (X・G) 洗面シングルレバー水栓 水漏れ修理方法(バルブカートリッジ交換)

TOTO 洗面シングルレバー水栓 TLJ30UX (1996-2013年)※排水ポップアップ式

※TLJ30UG は、排水ゴム栓式

TOTO TLJ30U (X・G) 洗面シングルレバー水栓 水漏れ修理方法(バルブカートリッジ交換)
TOTO 洗面シングルレバー水栓  TLJ30UX(1996-2013年) ※排水ポップアップ式

症状

水が止まらない。

レバーハンドルの動きが重い

TOTO TLF30UX 水が止まらない。レバーの動きが重い。

原因

シングルレバー式の水栓の、「水が止まらない」「レバーハンドルの動きが重い」といった症状の原因は、水栓内部のバルブカートリッジの劣化が原因となります。

使用頻度によって変りますが、10年前後で症状が現れることが多いです。

<故障の前兆>シングルレバー水栓の動きが固い・重い、水がポタポタ止まらない その原因と改善方法

修理方法としては、原因であるバルブカートリッジを交換すれば良いのですが、必ずしも水漏れが直るとも限りません。

これは、本体側のバルブカートリッジとの接地面が摩耗したり、細かな傷等がある場合、僅かな隙間から水漏れが発生してしまいます。(肉眼では確認できません。)

この場合は、水栓本体の交換が必要です。

取替用の水栓本体はこちら

使用部品  TOTO  シングルバルブ部  THY582N

TOTO  シングルバルブ部  THY582N

取替え手順

元栓を閉める。

洗面台の収納内にある、湯・水の止水栓で水を止めます。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

レバーハンドルの取り外し

レバーハンドルは、真上に引っ張るだけで取り外す事が出来ます。(固い場合有り)

カートリッジ押さえナットの取り外し

白い樹脂製のストッパーを取り外し、上部のナットを反時計回りに回して取り外します。(工具不要)

古いカートリッジの取り外し

カートリッジ本体は、上に引き抜けば取り外す事ができます。(固い場合有り)

続いて、内部にも部品が残っています。(パッキンとバネ 2組

ラジオペンチなどを使って、取り出しましょう。

確実に取り除きましょう。内部に残っていると、取付後に正常に作動しなくなります。

ここから新しいカートリッジの取付

取外しと逆の手順て取付けていきます。

カートリッジに付属のバネ・パッキンの取付

細長い棒状のものに、バネとパッキンを通し、取付け箇所に送り込みます。

穴に入ったら、指でパッキンを軽く押し込みましょう。

カートリッジの取付

カートリッジ本体は、取付けの向きだけ注意して、奥まで差し込みます。

カートリッジ押えナット・ストッパーの取付、レバーハンドルの取付

ナットを取付け後、ストッパーを取付けます。 

レバーハンドルは、上からパチッと音がするまで差し込みます。

止水栓を開けて、動作確認。 作業完了

作業難易度(5段階)

作業難易度は、 「2」 です。

基本的には簡単な作業です。細かいパーツを失くさない様に注意しましょう。

補足: 水栓本体交換の場合、 取替え用水栓

TOTO 洗面シングルレバー水栓(排水ポップアップ式) TLHG30AER

  TOTO TLHG30AER の工事費込みセットはこちら

TOTO 洗面シングルレバー水栓(排水ゴム栓式) TLHG30EGR

  TOTO TLHG30EGR の工事費込みセットはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次