MENU

TOTO  TLF31UX 洗面シングルレバー水栓 水漏れ修理(カートリッジ交換方法)

目次

TOTO  TLF31UX 洗面シングルレバー水栓 水漏れ修理(カートリッジ交換方法)

TOTO 洗面シングルレバー水栓 TLF31UX (2000-2008年)

TOTO  TLF31UX 洗面シングルレバー水栓 水漏れ修理(カートリッジ交換方法)

症状:水がポタポタと止まらない。

レバーを下げても、水がしっかりと止まらない状態です

また、レバーの上下の動き自体も重く、操作がしづらい状態になっています。

原因

水栓内部のバルブカートリッジの劣化により、「水が止まらない」「レバーの動きが重い」などの症状が現れます。

<故障の前兆>シングルレバー水栓の動きが固い・重い、水がポタポタ止まらない その原因と改善方法

使用部品: TOTO シングルバルブ部(カートリッジ) THY582N

TOTO シングルバルブ部(カートリッジ) THY582N

注意:バルブカートリッジは、交換すれば水漏れが必ず直るというものではありません。

水栓本体に摩耗や、キズなどがあるとカートリッジの交換だけでは直らない事もあります。

「数秒に1滴、水が落ちる程度までにはなったが、完全には止まらない。」

カートリッジを交換しても、この状態の場合は、水栓本体の交換が必要です。

代替用水栓 TOTO 台付きシングルレバー水栓(ポップアップ式) TLHG31AEFR

ご自身での取替えが不安な方は、工事費込みセット(商品+基本工事)をお勧めします。

カートリッジ(THY582N)取替え手順

①止水栓を締めて、水を止める

湯・水ともに止水します。水が止まった事をしっかり確認してから作業にかかって下さい。

止水栓(ドライバー式)が固くて回らない場合の対処方法

②レバーハンドルの取り外し

レバーハンドルは、真上に引っ張る事で取り外しが出来ます

ネジなどでの固定はありません。

➂カートリッジ押えナットの取り外し

ワイヤー状のバネ、ワッシャーの取り外し。

(この部分は、製造年代によっては使用されていない場合があります。)

ストッパーの取り外し。

再利用しますので紛失しない様にしましょう。

カートリッジ押えナットの取り外し。

反時計周りで、緩める事が出来ます。(固い場合は工具が必要です。)

④古いカートリッジの取り外し

カートリッジは真上に引っ張る事で、引き抜けます。(固着して抜けにくい事があります。)

水栓内部に、パッキンとバネが残りますが、こちらも交換しますので、ラジオペンチなどで取り除きます。

内部に異物が残っていないか、確認してください。カートリッジの破片や、パッキン、バネなどが残っていると、交換後に正常に動作しない原因となります。

⑤新しいカートリッジの取付

新しいカートリッジを取り外しと、逆の手順で取付けます。

⑥カートリッジ押え、レバーハンドルの取付

レバーハンドルは、ワンタッチ式ですので、「パチッ」と音がするまで、差し込みます。

レバーハンドルがすぐに外れてしまう場合

レバーハンドル側の差し込み部分が摩耗しているか、破損しているので、新しいレバーハンドルに交換が必要になります。

TOTO レバーハンドル TH32362WA

⑦止水栓を開け、動作確認。作業完了

止水栓を開けて、しっかりと動作する事を確認しましょう。

作業難易度(5段階) 「2」

手順通りにしっかりと行えば、それほど難しくはありません。

施工説明書もしっかりと読んで作業を行ってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次