TOTO TCF4221A ウォシュレット アプリコットN2A(修理部品供給終了) 操作しても動かない。水漏れ。→ 本体交換方法

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
目次

TOTO TCF4221A ウォシュレット アプリコットN2A(修理部品供給終了) 操作しても動かない。水漏れ。→ 本体交換方法

TOTO ウォシュレット アプリコットN2A TCF4221A(2005-2007年)

 便器 CS60BM 、タンク SH61BAK

TOTO TCF4221A ウォシュレット アプリコットN2A(修理部品供給終了) 操作がきかない。水漏れ。本体交換方法

症状:操作しても動かない。ウォシュレット本体から水漏れする。

リモコンを操作をしても、おしり洗浄・ビデ洗浄・乾燥機能など、本体が動かない。

まずは、リモコンの電池を確認しましょう。

リモコン式操作のウォシュレットの場合、リモコンの電池切れ(残量が少ない)が原因で、不具合を起こすことがあります。

リモコンの電池切れのランプの点灯や、液晶パネルに電池交換のマークなどが表示されていないか、確認をしましょう。

ウォシュレット本体の横あたりから、水漏れしている。

ウォシュレットを使用すると、本体に横・下辺りから水漏れが起こります。

便器をつたって床に広がる為、水漏れ箇所が分かりくい場合があります。

TOTO TCF4221Aは、修理部品の供給を終了している

こちらの、TCF4221Aは、2007年に本体の生産が終了しています。

そこから15年以上経過している為、製造メーカーでも修理部品の供給を終了していますので、故障・水漏れなどの場合は、本体の取替えが必要になります。

取替用ウォシュレット  TOTO TCF6543

※こちらは、TCF4221Aの後継機種ではありません。

TOTO ウォシュレット S1 TCF6543

TCF4221Aとの大きな相違点

〇温風乾燥 有り → 無し

〇オート・リモコン便器洗浄 → レバー便器洗浄

〇温水 瞬間式 → 貯湯式 

TOTO TCF4221A ウォシュレット アプリコットN2A(修理部品供給終了) 操作しても動かない。水漏れ。→ 本体交換方法

色は、便器の陶器カラーに合わせてください。

工事費込みセット(商品+基本工事)はこちら

後継機種の場合 TOTO TCF4723AMR ※2023年8月~ TCF4733AM

TOTO ウォシュレット アプリコットF2A TCF4723AMR ※2023年8月~ TCF4733AM

TOTOの4.8ℓ洗浄便器への取付の場合は、TCF4713AKR になります。

色は、便器の陶器カラーに合わせてください。

2023年8月より アプリコットシリーズがモデルチェンジしています。新品番はこちらを参照ください。

工事費込みセット(商品+基本工事)はこちら

ウォシュレット本体交換方法

必要工具

・マイナスドライバー

・プラスドライバー

・モンキーレンチ 2本

既存のウォシュレット(TCF4221A)の取り外し手順

STEP
水を止める。

止水栓または、水道メーターにて水を止めましょう。(止まった事を確認する事)

STEP
分岐金具・給水ホースの取り外し。

止水栓に接続されている分岐金具を工具を使い取り外します。

TOTO TCF4221A ウォシュレット アプリコットN2A(修理部品供給終了) 操作しても動かない。水漏れ。→ 本体交換方法
STEP
ウォシュレット本体を便器から取り外す

本体に向かって右側面に、便座の着脱ボタンがあります。

着脱ボタンを押しながら、本体を手前にスライドさせる事で、本体の取り外しが出来ます。

TOTO TCF4221A ウォシュレット アプリコットN2A(修理部品供給終了) 操作しても動かない。水漏れ。→ 本体交換方法
STEP
ベースプレートの取り外し

便器に残ったベースプレートは、ドライバー固定ボルトを緩めていけば取り外しが出来ます。

TOTO TCF4221A ウォシュレット アプリコットN2A(修理部品供給終了) 操作しても動かない。水漏れ。→ 本体交換方法

便器取付穴に残ったゴムブッシュは、穴に押し込む事で、便器裏側から抜き取れます。

ここから新しいウォシュレットの取付。(TOTO TCF6543)

STEP
新しいベースプレートの取付

新しいウォシュレットに付属のベースプレートを取付けます。

便器のサイズによって、ベースプレート固定ボルト位置の調整が必要になります。(詳細は、施工説明書を参考にしましょう。)

STEP
ウォシュレット本体を便器に取り付ける ※STEP3を先に行っても良いです。

本体を、ベースプレートに取付けます。

取付後に、便器ウォシュレットの先端が揃っている事を確認します。

ずれが生じる場合は、ベースプレートのボルト位置の調整が必要です。

TOTO TCF4221A ウォシュレット アプリコットN2A(修理部品供給終了) 操作しても動かない。水漏れ。→ 本体交換方法
STEP
分岐金具の取付、ロータンク給水ホースの接続

まず、ロータンク給水ホース分岐金具に接続します。

給水ホース古いパッキン(青)が残っている場合があります。貼りついてしまっている事が多いですが、綺麗に取り除き新しいパッキンと交換します。

続いて、分岐金具を止水栓に接続します。(パッキンを入れる)

STEP
ウォシュレット給水ホースの接続。電源コンセントの差し込み。

ウォシュレットの給水ホースは、差し込み口の内部にOリングパッキンが入っている為、そのまま分岐金具に接続できます。

STEP
リモコンの交換。
STEP
止水栓を開け、動作確認。水漏れ確認。

取替え完了

DIYでの取替えが不安な方は、工事費込セット(商品+基本工事)がおすすめ

TOTO TCF6543 工事費込みセット(商品+基本工事)

※色は陶器カラーに合わせてください。

後継機種への取替の場合

TOTO TCF4723AMR  工事費込みセット(商品+基本工事) ※2023年8月~ TCF4733AM

2023年8月より アプリコットシリーズがモデルチェンジしています。新品番はこちらを参照ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • こんにちは。
    おばあちゃんの家の便座が、アプリコットNA2のTCF4221で横の方から水漏れしています。自分で取り替えられるならやってみようと思って、交換方法などを検索していたらこちらの記事にたどり着きました(^^)
    便座後方からタンクの中のレバーに繋がってる白い線があって、あの線は新しい機種になっても必要なのでしょうか?もしよろしければ教えて頂きたいです。よろしくお願いします‼︎

    • コメントに気づくのが遅くなりまして、申し訳ございません。

      遅れましたが、回答させていただきます。

      便座後方からレバーに繋がるコードが必要かどうかは、取り替える機種によって異なります。
      現在のアプリコットN2Aは、リモコンでトイレを流したり、自動でトイレを流したり出来ると思います。
      今度、お取替えするものが、リモコン便器洗浄や、オート便器洗浄機能が付いている場合は、必要にはなるのですが、そのまま使用する訳ではなく、同じ様にタンク内のレバーにモーターを付けて、便座本体とコードで結ぶ事になります。(便座の付属品)

      逆に、本記事内で使用した機種の場合、手動でレバーを動かす為、コードは必要ありません。
      コードとモーターは残したままにして使用しています。
      コードは、タンクの後方で、束ねて置けば結構です。
      (再度使う事もないと思うので、切断しても構いません。)

コメントする

CAPTCHA

目次